食べもの通信社 食べもの通信 家庭栄養研究会
本文へ移動
食べもの通信 2022年6月号

梅の酸味に驚くほどの健康効果

食べもの通信 2022年6月号No616NEW

定価770円(税込)
<インタビュー>
反グローバル経済活動家 内田聖子さん
グローバル経済の矛盾と限界を突く

<特集>
梅の酸味に驚くほどの健康効果
梅仕事にチャレンジ! 安心な梅干しの選び方

驚くべき梅パワー
食生活にとり入れて健康づくりを
大阪河﨑リハビリテーション大学教授
宇都宮洋才

「楽しい!」「おいしい!」
生徒が収穫して作る梅干しを給食に
元東京都学校栄養職員 太郎良一枝

Let’s 梅干し 基本の作り方
「なんてったって!伝統食の会-継いでいきたい日本の食-」世話人代表 栗原澄子

減塩梅干しは食品添加物がいっぱい!
市販梅干しの選び方
家庭栄養研究会編集委員会

群馬県・ゆあさ農園を訪ねました
農薬を使わず梅を育てる 加工から販売まで自力で
ルポライター 矢吹紀人

梅干しを調味料にして
毎日のごはんにとり入れる
家庭栄養研究会編集委員会

クエン酸とポリフェノールで疲労回復
もっと手軽に梅活用!
管理栄養士 本村槇子

<緊急企画>
ロシアのウクライナ侵略が世界と日本にもたらす食料危機
食ジャーナリスト 小倉正行

食べもの通信 年間購読

 
 
年間購読 10200円(送料・税込)
ご希望の号から1年間12冊
 
 
 
 
 『食べもの通信』は、安全な食べものと、日本の食文化に根ざした健全な食生活と平和への願いから出発しました。あなたの疑問に答え、ともに学び、暮らし方を問い直し、考えあう雑誌です。
 今、地球の環境破壊が進んでいます。さらに、3.11以降は、未曽有の放射能汚染も続いています。
そして、戦火の火種がくすぶり続け、平和な生活が脅かされています。
 かけがえのない命が守られ、健康に生きることは、私たちの権利です。私たちは「心と体と社会の健康を高める食生活」を実現するために次の5つの視点で提言しています。

1.安全性 子どもたちの健康と未来のため、「食」の安全に配慮しましょう。
2.健康・栄養 自然のリズムに沿った健康的な「食」をめざしましょう。
3.食文化 日本の風土に根ざしたお米を中心とする食文化を大切にしましょう。
4.食教育 食と「いのち」のつながりを学べる、食教育を実践しましょう。
5.食糧自給 平和・環境を大切にし、生産者と消費者が手を結び食料自給を高めましょう。


1
0
6
1
0
7
食べもの通信社への地図
TOPへ戻る