本文へ移動

「食の安全とゲノム編集の規制を求める緊急ラウンドテーブル」(主催:川田龍平事務所)

2018-10-17
重要NEW
 きょう、参議院議員会館の会議室でおこなわれた表題の集会は、前日の呼びかけにも関わらず一般参加者約50人、関係府省の出席者らも含めると70人以上が参加しました。
 DNAを切断することで、それぞれの生物がもつ特性を変えてしまうゲノム編集技術。食品への利用が、国民への周知、十分な議論や国会審議もされず、ほぼ規制なく認められようとしています。
 しかし、人体や環境への影響がほとんどわからない現時点で認可されれば、ゲノム編集された作物や昆虫が爆発的に増え、それらを摂取する人や動物の体に変調を起こすなど、取り返しのつかない事態を招く可能性があります。
 さらに米国では1万6000エーカーで、ゲノム編集された大豆がすでに栽培・収穫されているそうで、日本に輸出されれば、私たちは知らないままにゲノム編集作物を食べることになります。
 「ゲノム編集は遺伝子を壊すこと。私たちの体も含めて壊していい遺伝子などひとつもない」(天笠哲祐・日本消費者連盟代表)
 専門家らが表明する懸念、生産者と消費者の不安に耳を傾けることなく、閣議決定だけですすめることは許されません。『食べもの通信』も世論喚起に尽力したいと思います。(ささ)
 
0
2
2
5
7
6
2018年11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
土日祝日はお休みです。電話受付時間は10:00~17:00です。
  • 営業日
  • 12/29~1/4までは年末年始休業
TOPへ戻る