読者の感想  2017年2月号

2017-02-14
●血管を丈夫にすること、よく理解できました。NHKテレビでも血管伸ばしのストレッチを紹介していて、さらに納得しました。毎日続けています。「自校直営方式の給食を」と言っても、直営からセンター給食になってしまっていて、いまさら建設費を出して変えられないと思います。(女性 岐阜県郡上市 69歳 作動教授)
 
●早いもので6年目の3.11、3.12(栄村)がやってきます。ますます何が正しくて、何が間違っているのかわかりにくいです。情報トピックスに朝日新聞の卵アレルギーは早くから食べると発症率が低下という記事が載っていました。まさかと思ってしまいました。(女性 長野県小谷村 65歳)
 
●今月号の特集「血管を丈夫にして突然死を防ぐ」に、えっ!と思いさっそく2冊買って読みました。「人は血管とともに老いる」といいますが、若い人の突然死はびっくりです。子どもでも動脈硬化ありとは。毎日毎日何を選んで食べていくか。子どものころからの習慣で、本当においしいものを食べさせることが大事ですね。先月号で特集された「スプラウト」。私は知りませんでしたが、孫は知っていました。さっそく買って植えました。3日くらいで芽が出るとありましたが、10日経ってやっと芽は出たけど伸びません。がっくり。やはり寒い時期だからですかね。以前カイワレ大根を畑に植えてうまくいったから、暖かくなったら植えてみようかな。いまは雪、雪。先日は60㎝積もりました。きょうはとてもいい天気。春まで待ちますね。(女性 広島県三次市 66歳 保健師)
 
●専門的な分野に切り込んでいただいていますが、よくわかります。ただ、カタカナ語に弱く忘れやすいです。特集「血管を丈夫にして突然死を防ぐ」は、非常に良かったです。「がんより怖い血管の骨化」など長年の積み重ね、食生活のあり方の重要さを再認識しました。対策もばっちりで、友だち仲間に伝えたいと思います。こうした研究に国は一体どれだけ関心・支援をしているのでしょうか。庭の一坪を先日うっかり掘り起こしたら、冬眠中のセミが出てきてびっくり。手に載せると少し足を動かしました。ずっしり重く、ぬくもりを感じ、慌てて土に返しました。季節と命、生きものとの共生を忘れまい。(女性 大阪府枚方市 80歳 主婦)
 
●12年間の介護の末、99歳で母が逝き、2年が過ぎました。食事はほとんど手作りし、いつも体調に気を配っていたためか、風邪をひくこともなく元気でしたが、いじけたり、暴力をふるったり、暴れたり、ほんとうに手がかかった長い期間でした。でも、不思議なもので、このごろではあの苦しくつらかった日々のことは記憶が薄れ、元気だったころの母の姿がいつも私の脳裏にあります。よく人の面倒をみる人でした。春になれば摘み草をして友人に配り、施設に入所している友を見舞い、自分の年も考えずに団地の周りの草取りや雪かきなどを、一人で黙々とやっていました。私も母の行動に少しでも近づけたらと思うこのごろです。(女性 長野県安曇野市)
 
●購読を始めて、あっという間に一年が過ぎました。毎号、送られてくるのを、楽しみに待っています。記事には知らないことが多く、勉強になります。編集部の方のご苦労のあらわれだと思います。ホットミックスの記事で「ミョウバン」の使用についてありました。私はぬかみその色よくするためにミョウバンを使用しますが、ぬかみそに使用するのはどうなのですか。ミョウバンの使用について詳しく知りたいです。左足の太ももの静脈の細いほうに血栓ができて、今検査待ちの状態です。いつ飛び出すか心配です。心臓外来の静脈科に通っています。年齢とともに血管を丈夫にしなければと思いました。(女性 埼玉県狭山市 76歳 主婦)
 
●毎回、内容が充実していて、楽しみに読んでいます。友だちに1月号を見本誌として渡すとさっそく、購読したいとのことでした。(女性 高知県南国市 64歳 主婦)
 
●今の世の中、便利な反面、体に悪影響があったりすることが多いと、『食べもの通信』を読んでいると実感します。とくに「子どもの体と心白書」の記事は、深刻な問題だと思います。スマホは確かに便利ですが、文章を考えて書くとか、思考力も低下してしまうといわれています。また、子どもの貧困問題は、早急に国で何とかしてもらわなければと思います。昨年12月に、父の足の低温やけどの傷ががんになっていることがわかり、放射線の治療に8日間、通院しました。仕事をしながらの通院は、職場の理解と家族の協力でなんとか乗り切れましたが、介護と仕事の両立はたいへんです。先日、知人の紹介で行ったお店で、青森ヒノキが環境に良いと聞きました。青森ヒバのおがくずで作った湿気取りとか消臭剤も購入しました。(女性 札幌市 56歳 管理栄養士・パート)
 
●先日、ご近所の方が脳梗塞で入院されました。幸い、治療のない土日は自宅で過ごせるまでになられたそうです。このことは他人ごとでなく、自分のこと、家族のこと、子や孫のこと、国民みんなの健康で生きるための課題です。特集「血管を丈夫にして突然死を防ぐ」で、たくさんの情報をありがとう。先日、日本人の半数がアレルギーと聞きました。食環境の欧米化と関係大ですが。どう、食に注意すれば、夫をアレルギー性皮膚炎のかゆみから卒業させてあげられるのか。(女性 兵庫県丹波市 73歳 主婦)
 
●子や孫に安全なものを食べさせたくて、夫の定年を機に、私の故郷に帰って野菜作りをしています。有機肥料たっぷりの野菜は甘くて美味といわれ、委託されて冬の白菜を作っています。ジャガイモ(種10㎏)、下仁田ネギ3000本、サツマイモ900本と、夫は趣味の農業を拡大しています。が、販路と送料で悩んでいます。いい本に出合えてよかった。冬、凍った道路を溶かすために塩カルが多量にまかれます。車がさびます。人体に影響はないのかしらと心配です。(女性 長野県佐久市 66歳)
 
●ありがとうございます! 1月号のプレゼント「ブロッコリーの種」を受け取りました。プレゼントにマルを付けたのも忘れていまして…びっくりです。さっそくやってみます。私は60坪ほどの畑(宅地ですが)を楽しんでいます。先月号でスプラウトの記事を読み、「花を咲かせて種を取る」というのをやってみようと思います。キャベツ類は青虫がすごいので毎年、敬遠しているのですが、花を咲かすのならできるかも。ニンニク、ジャガイモ、インゲン、ハーブ類、トウモロコシ、アスパラガスなどなど。農薬を使わずに手探りでやっているので、さっぱりいいものはとれないのですが。一番の楽しみはスイカ。しかも大玉の。ぐんぐん大きくなるのがたまらない感動なのです。ブックレット『牛乳のここが知りたい』を、さっそく書店に注文しました。(女性 北海道北見市 69歳)
 
●卵アレルギーは早くから食べさせると発症率が低下するという説は、疑問です。初めての子育てのとき、食物除去法を試しました。検査ではほとんど数値には表れませんでしたが、食べると「えっ、この食品が?」という症状がみられました。夜泣きや夕方からの不機嫌など、気にしなければいくらでも見落とせますが、精神面の育ちにも目を向けてほしいです。水野玲子さんの連載で、過剰な「消毒」はかえって危険との記事を読み、思っていた通りだと思いました。歯間ブラシやうがい液など、過剰な消毒をしている人は少なくないのではないかと思います。(女性 東京都品川区 62歳)
 
●『食べもの通信』は健康で生きていくための内容が取り上げられていて、手元に届くといち早く目を通します。食事は素材を生かした料理を自分で作り、毎日楽しみながら生活しています。2月号の内容は、外食、加工食品はとり過ぎないことなど、納得いく記事ばかりでした。そして、2月号の「私もひとこと」に掲載していただき、ありがとうございました。最近、冬になるとみそを作っています。今年の冬で4年目です。浜頓別町の食生活推進協議会で昨年から5、6人で手作りして楽しんでいます。春までの発酵する過程がとても楽しみです。(女性 北海道浜頓別町 74歳)
 
●1月号で特集された発芽玄米を、さっそくやってみました。ヨーグルトメーカーで発芽させ、圧力鍋で炊きました(私は永年圧力鍋で玄米をいただいていました)。そのおいしいこと! スーッと体に収まった感じで「これはいい!」と思いました。発芽ハト麦、スプラウトとここ1カ月半ほどいただいていたら、後期高齢者なのに元気が出てきて、顔が色白になってつやつやしてきたようです。みんなが食べたら、日本の医療費が減ると思いました。(女性 東京都小平市 79歳 主婦)
 
●友人に1月号をいただきました。発芽玄米やスプラウトのこと、とても参考になりました。ほかにも知らないことが多いので、これから勉強していきたいと思いました。老人なので、元気な毎日を送るために参考になることをお知らせくださるとうれしいです。(女性 大阪府堺市 74歳)
 
●毎号、楽しみにして読ませていただいています。知らなければ気にしなくて済むけれども、本当のことを知ったらだれかに話たり伝えたくなるもので、自分で勉強し直しています。発酵のことがもっと知りたい。先日の雪で、初めて屋根の雪下ろしをしましたが、何度落ちそうになったことか。考えれば怖いことばかり。(女性 岡山県真庭市 57歳)
 
●友だちからプレゼントしていただいて、こんな雑誌があるんだと知りました。興味津々。この年齢になっても知らないことばかりです。(女性 愛知県岩倉市 74歳)
 
●初めて食べもの通信を読みました。子どものためにいろいろ勉強中なので、とても参考になりました。特集もとてもよかったです。体に入ってしまった放射能を体から排出させる食事法などが知りたいです。アクリルアミドについても、もう少しくわしく知りたいです。今、1歳の子どものおやつを手作りしていますが、アクリルアミドについての記事を読んで、パンやクッキーは食べさせないほうがいいのか悩み始めました。(女性 福島県相馬市 34歳 会社員)
 
●漢方薬について取り上げてほしい。(女性 大阪府千早赤阪村 公務員)
 
●毎号、初めから終わりまでよく読み、ブログ「給食室からこんにちは」の参考にもしています。私の身近な人が、血管の詰まりなどでつぎつぎと倒れたりするなか、2月号の記事は実感として切実に読みました。発芽玄米を作って7分付胚芽米と1:2くらいで混ぜて炊くと、夫は「まずい」と文句を言います。割合をもう少し減らさないとと思いますが、「健康にいいのに…」との思いと、し好との差が壁でなかなか…です。電子レンジやスマホなどの電磁波が子どもたちに与える影響が心配です。電磁波のことを、また取り上げてください。(女性 北九州市 71歳 幼稚園給調理士食)
 
●2月号の特集がたいへん参考になりました。「子どもの体と心」白書の紹介も参考になり、活用しました。学校給食の民間委託で何が起きているか、取り上げてほしいです。(男性 福岡県久留米市 71歳 地方議員)
 
●橋本紀代子さんの「今月の旬」を楽しみにしています。毎回、読んだあと、食べたくなって探しに行きます。見つからないときもほかの野菜を買って食べています。私の母は92歳です。佐藤藍子さんの本『九十一歳、なにがめでたい』が当たれば、母にプレゼントしようと思います。ついに、60歳になりました。夫婦そろって60歳です。これからも健康に気をつけてがんばります。待ちに待ったブックレット「牛乳のここが知りたい」、楽しみにしています。(男性 福岡市 60歳)
 
●読むだけで健康になったような気持ちになります。(男性  兵庫県三木市 64歳 建築リフォーム業)
 
●「子どもの食と給食」(2月号)を読んで、大分市も来年度から3つの小学校で給食調理員が民間委託されそうです。保護者や調理士の意見を聞かないまま、突然、補正予算で出されたのです(事後承諾的な感じで、あとから説明会がおこなわれたようです)。私が勤める保育園でもそうですが、いろいろな思いで子どもたちに給食を提供しています。食べることが好きな子になってほしいし、食べものや、それを作る人、作ることに興味をもち、将来、子どもたちが健康で豊かな生活を送るために必要な食の基礎を身につけてほしいと思っています。でも、作る人が派遣労働者となった場合、どこまで子どもたちとかかわりがもてるでしょうか? 熱意はあっても、子どもたちと直接触れ合い、給食指導や食育活動まではできないのではないかと思います。学校給食で食育の大事さをうたっていても、事実はこうして民間委託が増えていくと、子どもたちの食の未来はどうなるのか不安です。(女性 大分市 56歳 保育園調理士)

●心臓の「骨化」について、初めて知りました。カルシウムの必要性を骨粗しょう症のみと思っていましたので、目からウロコです。連載「見えない有害物質と子どもの健康講座」の除菌スプレー、抗菌グッズの記事は、もっともだと思いました。人間の防御能力を維持したいものです。大型給食センターが私の住む地区でも建設され「食」が子どもから遠くなり、「食べものを大切に」という精神が届かない時代になっています。自校直営方式の記事を、うらやましく拝読しました。(女性 広島県東広島市 75歳)
 
●孫が生まれたので、購読を再開しました。子どもたちの健康を願わずにはいられません。あまりに命を無視した状況にふるえるほどです。高齢で介護保険のサービス利用料が増えて、利用も制限され、食がないがしろになっている実態があります。命を第一に考える政治をしてほしいです。(女性 北海道旭川市 67歳)
 
●2月号はどの記事も読みごたえがありました。特集は理解困難な言葉もありましたが、たいへん有益でした。血管強化トレーニングをさっそく始めました。継続するようがんばらねば。南相馬の佐藤洋子さんの記事「戦争・災害・帰還問題を乗り越えて『生きる』」には、胸を打たれました。終戦の日、母方の田舎に疎開しており、夕暮れに部屋の窓を全開にして電灯をつけた祖母の家を、母と手をつないで向かいの土手を歩きながら見ました。人生の中で一番明るい光です。忘れることがありません。(女性 和歌山県上富田町 76歳)
 
●2月号もとても役に立つ記事が多く、ありがたいです。特集の「血管強化トレーニング」はがんばってやってみようと思いました。また、ウオーキングをやっていますが、脈拍まで考えていなかったので、参考になりました。しみじみ「食」の重要性を感じています。これからも大切な情報をお願いします。(女性 静岡県菊川市 67歳)
 
●連載「シリーズ食の安全・安心」はとても勉強になります。「イモ類や野菜類を炒めるときは弱火にしてよくかき混ぜるとアクリル網戸、PAHなどを増やさないで済む」など、データをグラフにして示されていたので、わかりやすかったです。肉や魚の加熱も炎が食材に接触しないように注意しなくてはいけませんね。(女性 埼玉県川越市 64歳)
 
●長い間、いろいろな情報を得ることができ、子どもたちの成長、および保育所での食事が充実したものとなり、たいへん感謝しています。子どもが小さいとき、スーパーの買い物の途中で口うるさく材料を見て買うようにいう私に「どうしてそんなものを売っているの」と聞きました。その通りですね。「食べものは命をはぐくむ」といいながら、害になるものがほとんどなのが現実です。仕事柄、私の通信に利用させていただいたり、保育所にあげたりと、いろいろ活用させてもらいました。(女性 宮城県丸森町)
 
●2月号の特集の血管強化トレーニングと筋肉トレーニングを読んで、今までやってきたことが正しかったとわかりました。新たに加えたい運動もありました。洗髪すると体調が悪くなるという友人が2人います。貴誌のシャンプー特集を読みたいと思います(女性 秋田市 73歳)
 
●2月号は参考になる記事がたくさんあり、できることから取り入れたいと思います。でも、調理は簡単にできるレシピが好きで、青菜もゆでずにいきなり炒めたり、ひと手間かけるのが苦手です。(女性 前橋市 76歳)
 
●1月号で、玄米の発芽の重要性がすごくわかりました。さっそく、もち米玄米を40度の湯に一晩漬けて翌日固めに炊いて、玄米餅を作りました。少し軟らかかったのですが、ちぎってきな粉や煮た大根葉をつけて食べ、とてもおいしかったです。もう少し固くできるように挑戦します。発芽野菜にも挑戦します。ときどき買っていたのですが、もう自分で種を発芽させて食べてみようと思います。原発の内部被ばくを追跡し続けてほしいです。(女性 愛知県阿久比町 71歳)
 
●1月号で特集されていた発芽玄米。2度炊いてみました。1度目は軟らかくて歯ごたえ不足でした。2止めは浸水で含まれた水分を計って炊飯の水を加減したら、好みの硬さに近づきました。次回はもっと水を減らして炊いてみます。2月号の「血管強化トレーニング」をさっそく始めています。何年も前から手指の関節が痛くて、いまは箸やペンをもつのもたいへんになりました。整形外科で診てもらったら「へバーデン結節」と言われました。加齢により、不自由が増えてきました。(女性 北海道中富良野町 70歳 農業)

読者の感想  2017年1月号

2017-01-18
●わが家には蒸し器がないので、なべ底に網を置いたり湯銭のようにしています。1月号の「伝統の技キラリ! 和食器具」で和せいろの記事を読んで、職人さんこだわりの本物の道具を使ってみたいと思いました。(女性 広島市 41歳 管理栄養士)
 
​●1月号を読んで、貝割れにも栄養があることを知りました。これから少しずつ、色々なスプラウトを食べてみたいです。子どもが1歳半になり、食べものについていろいろ勉強しなくてはと思わされる日々です。『食べもの通信』を読むと、なにを買ったらいいのかわかり、とても勉強になります。(女性 福島県本宮市 会社員)
 
●11月号からの読者です。健康に関心をもち、食べ物にはこだわりを持っていますが、まだまだ知らないことがたくさんあって毎回勉強になります。(女性 和歌山市 パートタイマー)
 
●雑穀玄米を常食しています。1月号を読んで、発芽玄米に挑戦してみたいと思いました。春になったらスプラウトにも挑戦したいです。1、2月はみそ作りの季節です。醗酵機を普及センターから借用して麹を1斗作ります。そのご、加工場で大豆も1斗ゆでて、作ったみそは1年熟成させて出来上がり。冬の大切な仕事です。(女性 北海道中富良野町 70歳 農業)
 
●1月号を読んで、さっそく発芽玄米を作りました。手持ちのジャーが大きいので、玄米と湯の量の加減に腐心し、試行錯誤して3回目にできました。芽の部分が白くなったのでこれでよしとしました。楽しい実験でした。ごはんはふっくらおいしく炊き上がりました。玄米は岩手県軽米町のカルガモ農法のものをいただいています。米国のオバマ大統領のことば「人ではなく、戦争こそ憎むべき」は、私も疎開の経験から同じ思いです。(女性 岐阜県中津川市 83歳 元薬剤師)
 
●連載「すてきな日本の味」の島村菜津さんがすすめていた「新豆ビーンズ」。豆好きの私は即申し込みました。村上農場の方の丁寧な対応。ジャガイモセットも購入しました。豆ごはん、ジャガイモを蒸すとおさつのように甘くてホクホク。いつもおいしくて体にいいものを紹介していただき、『食べもの通信』を購読してよかったと思っています。1月号の特集を読み、スプラウトを食べなければと思いました。(女性 大阪市 73歳)
 
●『食べもの通信』は薄いのに、たくさんの役に立つ大切な情報がどっさりで読み応えがあります。生活をしていくうえで、なくてはならない存在です。1月号を友人に渡したら、2月号から定期購読することになりました。(女性 さいたま市 66歳)
 
●地方のラジオ番組でも永山久夫先生のお話が取り上げられています。1月号から連載が始まるので、とても楽しみです。夫が痛風になり、食事に気を付けてきました。1年前に比べて体重が8㎏減量し、症状はほとんど出なくなりました。やはり「食」は生きるのに最大限、気にかけるべきことだと思いました。(女性 長野県小諸市 会社経営)
 
●以前から、玄米食にしようと考えていたのですが、高価なのとアブシジン酸、フィチン酸などのリスクを考えると不安にもなり、白米を食べてきました。1月号の特集で玄米の健康効果と発芽のさせ方、炊き方がわかり、ことしこそ実践してみようと思いました。健康はお金に代えられませんから。(女性 埼玉県 64歳)
 
●昨秋の野菜が高騰した時期にスプラウトを買いました。気に入って、ずっと食べています。1月号の特集でスプラウトの知識を得たので、大いに利用したいと思います。(女性 東京都東村山市 60代 看護師)
 
●「玄米菜食」と貧血の関係がよくわからず、玄米食を敬遠していましたが、1月号の特集でよく理解できました。発芽玄米をさっそく作ってみようと思います。友人から作り方を教えてもらい、豆乳ヨーグルトを食べて3カ月になりました。お腹のゴロゴロがなくなり、寒くなってもかかとがガサガサしなくなりました。もちろんお肌もつるつる。おすすめです。安い緑茶をミルで粉末にし、うがいするときに使っています。虫歯の予防にもなるそうです。寝る前にうがいすると痰も切れて安眠できます。(女性 沖縄県南城市 67歳 無職)
 
●1月号の連載「山里だより」で「凍み豆腐の厚さ」を読み、自然のすごさをあらめて感じました。隣町のわずかな距離の差が微妙に凍み豆腐の厚さを生むこと。切り干し大根の形や厚さなどにも通じるのでしょうか。山里だよりの1ページで命をはぐくむ「食」のすばらしさを思いました。子どもが小さいとき、ジャンクフードをいっさい食べさせずに過ごしてきました。おとなになり、最近夫に「ファストフードのハンバーガーなど食べたかったけど、食べないで育ってよかった」とつぶやいたそうです。ホッとしました。(女性 東京都品川区 無職)
 
●1月号の発芽玄米&スプラウトの特集は、興味深い内容でした。両親ともにがんで、母親はすでに他界しました。父親は前立腺がんで、いまは抗がん剤治療で落ち着いていましたが、このたび、右下腿の低温やけどがよくならないので調べてもらったら、その部分ががんになっており、放射線治療中です。がんにならないように、いろいろな知識を得て、気を付けていきたいです。11月後半に孫が生まれました。親せき、知人を見渡しても、なかなか子どもができない時代です。無事に生まれてくれたことに感謝し、食生活の大切さを、いままで以上に感じています。(女性 札幌市 栄養士・パート)

 

●いつも精米後の白米を、田舎から送ってもらっていましたが、12月に精米機を買いました。1月号の特集はの発芽玄米で、いいタイミングでした。玄米は浸水が必要とのこと。わが家の炊飯器は浸水なしで炊ける機能があり、精米したコメをセットしてすぐにスイッチを入れていました。帰宅が遅い私には、浸水でハードルが上ります。週末だけチャレンジしてみようかな。昨年の5月号から読者になり、まだ1年未満ですが、『食べもの通信』はわが家の食卓に影響を与えています。たとえば卵は平飼いの鶏卵に、牛乳は放牧の牛乳に、酢は穀物酢、黒酢の2種類のみから米津とりんご酢も加わりました。(女性 東京都江戸川区 41歳 会社員)

 

●1月号の発芽玄米の特集は、とても参考になりました。「玄米は体にいい」と聞いていましたが、職場での弁当タイムではゆっくり噛めません。せめて発芽米でと思い、小さな精米機があるので、知り合いの農家の方から玄米を分けていただき、食べています。低農薬で、天日干しでがんばっていらっしゃるので、扱い方もしっかりして食べていきたいと思いました。(女性 秋田県仙北市 60歳 介護支援専門員)

 

いつも「目からウロコ」の記事が載っていて、楽しみにしています。今月号もスプラウトの特集記事がまた、目からウロコでした。どんな野菜の芽でも栄養が豊富ということは少し知っておりましたが、スプラウトのパワーには驚きました。雪のない季節は、家庭菜園を楽しんでいます。北海道は夏でも涼しいので、農薬を使わなくても立派な野菜を作れます。(女性 北海道浜頓別町 74歳)

 

わが家の休耕田でエゴマを栽培することにしました。前号の「食のかけ橋」にタイミングよくエゴマを栽培している方の記事が載っていて、家族でじっくり読みました。岩手の釜津田の三上亜希子さんは、地方のNHKラジオの夕方の番組に出ています。貴誌の連載やイラストを思い浮かべながら、耳をダンボにして聞いています。より身近な存在に感じられて、うれしいです。(女性 岩手県北上市)

 

●連載「子どもの食事 おかわりちょうだい!」はとても役に立ちます。夏休みに続き、冬休みも広島市に住む孫と娘の孫の2人がお泊りに来ました。毎日のレシピ(とくに野菜)におばあちゃんは頭を悩ませます。1月号に載っていた新春メニューの「カンタン鶏むね肉ハム」は花マル! でした。孫たちがとても喜びました。(女性 広島県三次市 66歳 保健師)

 

●いろいろ知っているつもりでも、知らないことだらけの毎号です。玄米食もずいぶん続けましたが、今月号を読み、いままでの知識が間違っていたことにショックです。さっそく、発芽玄米を作って食べてみたくなりました。さまざまな正しい情報を示唆してくれる『食べもの通信』は、座右の銘のようなものです。これからも楽しみにお待ちしています。(女性 静岡県沼津市 72歳)

 

●1月号のスプラウトの記事を興味深く読みました。私はキャベツや白菜の芯を水が入ったさらにつけて発芽した部分を食べています。ジャガイモの目は何もしなくても生えてきますが、これは食べたりしません。これからもいろいろな野菜を作って発芽させたもの7を食べていきたいと思います。私は小規模医院の看護師をしています。生活習慣病の患者さんに食事指導することがありますが、栄養のある食物よりも安全な食物に重点を置いたアドバイスができたらいいなと思っています。待合室に『食べもの通信』を置いています。(女性 北海道福島町 59歳 看護師)

 

●『食べもの通信』1月号の特集で、発芽玄米食の良さを知れてよかったです。私はずっと玄米を食べてきました。しかし、低体温になるい、冷えも出てきてどうしたらいいかと悩んでいました。今回の特集を読んで、衝撃を受けました。良さを知ってとてもうれしいです。せめて、ぬるま湯で一晩浸水させてから炊くようにしたいと思います。仕事を辞めてからウオーキングをしています。テレビ体操をしっかりしてから、胸を張り、腕をよく振って歩いています。最近体が柔らかくなってきて、うれしいです。(女性 北海道旭川市 67歳 主婦)

 

●201612月号からの読者です。テレビ番組や新聞記事、友人からの話などで薄く知っていたことを、この雑誌で詳しく知ることができます。すごく素敵な雑誌ですね。私は現在、お百姓さんから減農薬栽培の白米を購入して、白米中心の食生活をしています。夫がとにかく白米好きで、玄米が出せずにいました。1月号の特集を読んで、玄米のアブシジン酸が発芽モードになると無害になる話に、すごく納得。私も発芽玄米で健康な体づくりを始めようと思います。来年4月から、信州の田畑のある夫の実家に引っ越します。大豆を作ろうと思っていましたが、エゴマもぜひ作ってみたいと思います。(女性 愛知県春日井市 70歳 主婦

 

●毎月、楽しい企画内容や各種調査・研究内容が掲載されていて、たいへん役に立っています。農民連の学習会や新婦人の交流会で、活用させていただいています。ありがとうございます。(男性 石川県白山市 69歳 農業)

 

●私の勤める学童クラブでは、おやつは手作りを基本として、学校給食でお米が出ない日にはお米を使用しています。おにぎりを基本に、いろいろなバリエーションを考えています。

『食べもの通信』1月号の発芽玄米の特集が、とても参考になりました。発芽のさせ方がわかったので、活用します。また、いっしょに紹介されていた発芽・発酵ハト麦も使用したいと思います。クラブ室の本棚に『食べもの通信』を置いたところ、指導員の多くが本を手に取って読む姿が見られるようになりました。置いてよかったです。ブックレット『おかわりちょうだい!』(食べもの通信社発行)も好評です。(女性 神奈川県相模原市 70歳 民間学童保育支援員

読者の感想  2016年12月号

2017-01-18
●今年は国際豆年で、大豆や小豆などが大好きなので、がんばっていろいろなレシビを考えて食べようと思います。道の駅などで無農薬のものを探しましたが、見つかりませんでした。小豆は、息子が昨年作ったものをくれました。どうしても、キントン豆がほしいです。連載「くらしのMEMO」で、起きがけに白湯を飲む健康法を読みました。看護士さんに教えていただいたとおりでした。(女性 大阪市 73歳 読者)
 
●連載「子どもの手当て」の「子どもの発熱についてはスローケアで…」を読んで、なるほど!と思いました。でも、昨日39度の発熱で休んでいた小学生が、今日は熱が下がったからと登校し、学童保育にも出席することがあります。よくよく話を聞くと、薬をまだ飲んでいます。共働きでは、子をゆっくり養生させることが難しいこともあります。世の中全体が忙しいけど、本当に体のことを考えたらスローケアがいい。速攻性がある薬を使わなくてもいい、さまざまな仕組みがある社会になってほしいです。昨年11月、夜、咳が出てよく眠れないので受診したら、熱の出ないマイコプラズマ肺炎でした。完治するまで2週間、薬を飲み続けました。特集の「飲み薬、塗り薬も効かない耐性菌にさらされる医療現場」を読んで、自分は危いところだったと思いました。(女性 静岡県下田町 61歳 公務員 読者)
 
●がんを予防するために摂取したワクチンで、若い女性が苦しんでいるという記事を読みました(「ひびき」)。以前、テレビでも放送されていたので、とてもつらいだろうなと思い、心が痛みました。これから子どもを産み育てなければいけない若い方の現実をもっともっと訴えるべきだし、むやみにワクチンに頼るのではなく、食を大切にした生活に返るべきだと思いました。わが家では、大豆をはじめ、黒豆、金時豆、花豆、小豆をよく煮ます。これからの季節はストーブに鍋をかけて、コトコト煮ます。心も体も温まり、子どもたちともゆったりとした時間を過ごせそうです。(女性 福井市 39歳 読者)
 
●この1年、貴誌に導かれ、少しずつ食生活が変わっています。酢・油など、なるべく純粋なものを使うようになりました。連載「どっちを選ぶ? こんなに違う加工食品」は、毎回、とても参考になります。カレーのルーも、貴誌お勧めのものに変えました。12月号の「コンソメ」も切り替えます。シャンプーも使わなくなって1年、抜け毛が減り、少しずつ黒い毛が増えてきています。2017年も役立つ記事を待っています。(女性 和歌山県上富田町 76歳 読者)
 

●12月号は「国際マメ年」と大豆の新情報が載っていて、たいへんありがたいです。がん予防の有効性、あらためて発酵食品と日本伝統食の大事さを認識しました。「くらしのMEMO」 の「白湯で冷え知らず」もいいですね。昔、子どもの頃の養生にあったように思います。こうした企画、ぜひこれからも。
仕事上、腰痛の激しい次女が最近、食べ方に気をつけています。働きながらで大変ですが、雑穀(黒米など)に目を向けているようです。また、薄味の煮物など、日本食中心の食事にしているようです。やれやれ!(女性 大阪府枚方市 主婦 読者)
 
●毎号、楽しみにしています。家族での話題に活用しています。「どっちを選ぶ? こんなに違う加工食品」は、とてもわかりやすくていいです。12月号のコンソメは、使われている方が多いと思います。購入時に「原材料表示」をよく見ることにしたいと思います。調味料の「アミノ酸等」は、コンビニのお弁当類にも表示されていることが多いので注意したいです。(女性 北海道中川町 55歳 無職 会員)

●2015年12月号からの読者です。みりんの記事で「三河みりん」が紹介されていました。以前からずっと使っていたので、うれしくなりました。8月号に記載されている砂糖の話ですが、私はテンサイ糖か香川県産の「希少糖」を含有するシロップの入ったLPシュガースウイーツを使っています。(女性 神戸市 81歳 読者)
 
●今年が「国際マメ年」でだったことを、まったく知りませんでした。「災害時は、おにぎりなど糖質が多くなりがちなので、子どもの脳のためには、乾物の大豆を利用してタンパク質を摂るように」という話を、先日の地震の折に思い出しました。「マメ特集」の豆料理のレシピを活用して、もっと豆と親しくなろうと思います。「どっちを選ぶ? こんなに違う加工食品」を参考に、スーパーで食品の裏側を見ながら買い物をしています。アミノ酸やブドウ糖など、おいしさを添加した加工食品があまりにも多く、メーカーが食材そのもののおいしさや力強さを信じていないようで悲しくなります。(女性 高知市 29歳 フリーター 読者)
 
●巻頭インタビューの浜美枝さんのことば、「国の根幹は農、生きる根幹は食」 。なんとすばらしい、真実をついたことばでしょうか! ああ、どうかこの言葉を日本の政治家がきちんと理解してほしい。国民の大切な農と大切な食を守ってほしいと願わずにはいられません。連載「見えない有害物質と子どもの健康講座」を読んで、シリコ-ンが一世をふうびした折り、ン?大丈夫なの?と疑問を抱いたのですが、疑わしきは近寄らずに越したことはないと思いました。12月号特集の抗生物質、国が本腰をあげて取り組んでほしい!椎名誠さんの『おなかがすいた。腹ペコだ』をとてもおもしろく、ニコニコ笑いながら読ませていただきました。この本に向かい合った時間のなんと楽しくすてきだったことか。おのろけの最後がすばらしい。一番好きなのは自宅の「めし」。彼は本質を本当によくわかっている人だとうれしくなりました。(女性 千葉県船橋市 67歳 読者)
 
●「耐性菌」ということばは知っていましたが、12月号の特集を読んで、初めて詳しく知りました。フロモックスメイアクトは子どもが風邪をひいたときに処方されるおなじみの薬です。それらが「耐性菌を増やしほとんど効果がない」抗生物質で、政府が半減させようとしていると書かれており、たいへん驚きました。こうして直接人間の体に取り入れられる抗生物質だけでなく、牛、豚、鶏の肉や養殖魚からも間接的に、知らず知らず身体に取り入れているとは、思い至りませんでした。スーパーで「抗生物質不使用」と書かれた肉のパックは見たことがありません。ハードルの高さを感じます。子どもの通う保育園と小学校の給食はすべて手作りです。だし汁をきちんと取り、カレールウも手作りです。献立表にはおいしそうなメニューが、日々並びます。最近は、給食費の自治体の補助金が全国的に増えていると聞きましたが、江戸川区では3年前に打ち切られました。当時、反対の署名をしましたが、残念です。先週、子ども食堂についての講演を聞きました。今や全国に600ヵ所もあるそうです。「子どもの貧困」の実態ですが、身なりからはまったくわかりません。周りを見ても、貧困に苦しんでいる子どもがいるようには思えませんが、増えているそうです。(女性 東京都江戸川区 40歳 会社員)
 
●TPP(環太平洋連携協定)がいまのところどうなるかわかりません。早く中止と決めてほしいです。連載「子どものの健康講座」でシリコ―ンの害を読みました。テフロン加工のフライパン、鍋よりも安全というのが驚きでした。テフロンというのはもう一般家庭にまん延しているように思いますから。テフロン加工の害についても知りたくなりました。(女性 大阪府岸和田市 無職)  
 
●『食べもの通信』は、どれもこれも役に立つことばかりです。今後とも多種多様な情報をお願いします。コレステロール値がバカ高で、何十年と薬を飲み続けても下がりません。それでも高年齢なので、薬は飲まなければいけないとのこと。医療機関に行くと、「年齢相応ですから心配いりません」とよく言われますが、自分の具合が良いか悪いかの判断は素人ではわかりません。もう少し掘り下げた医療の話を聞かせてほしいです。(女性 東京都豊島区 77歳)
 
●私たち消費者グループでは、以前の耐性菌の特集でたいへん勉強させていただき、各自、温度差はありますが、気にかけながら食品や日常品を選んできました。今回の特集を読んでも、周囲を見ても、その頃より改善されているとは思えなくて残念です。身近な人たちに伝えていくことの大切さも感じております。こんごもみんなで話していきたいと思っています。(女性 愛知県豊田市 主婦 会員)
 
●最近の子どもたちは、家で魚料理を食べないようです。お母さんが作らないからです。健康のためにも食べる習慣をつけてほしいですね。朝食にスムージーを飲んでいる人が私の周りに何人かいます。栄養面やおいしく作る方法などを教えてほしい。(女性 大阪府高槻市 会員)

読者の感想 2016年11月号

2016-11-21
●いい商品を作る生産者 応援したい 
女性 東京都江戸川区
常日頃、食品表示には注目していますが、遺伝子組み換え食品を、ほんのわずかな量でも三度の食事で知らずに摂取し、体に蓄積していると思うと、いい気持ちはしません。農民連食品分析センターにカンパして、引き続き注目したいと思います。 朝は必ず牛乳を飲んでいます。9月号でなかほら牧場の記事を読み、放牧酪農の牛乳に変えました。いい商品を作る生産者を応援したいです。 
 
●永山久夫さんの インタビューに共感
女性 三重県伊勢市
前号の食文化史研究家の永山久夫さんのインタビュー記事は、認知症や寝たきりにならずに健康寿命を延ばす大切なことが書かれており、共感しました。
6歳の孫(女児)はアトピーとは診断されていませんが、乾燥肌で夜中に体が温まるとかゆくて泣き出すことがあります。対処法や、食生活で気を付けることなどを知りたいです。 
 
●日ごろの食生活に 喝を入れてくれる雑誌 
女性 横浜市
『食べもの通信』は、体によくないと知りながら「まあ、いいか」と食べている日ごろの食生活に、喝を入れてくれます。 福岡に住む娘が「この本はいい」と、数冊持ち帰りました。とくに、ブックレット『小麦で起きる現代病』(食べもの通信社発行)は、「日ごろからパンを食べないようにしているから、参考にしたい」と言っていました。 
 
●たたかわないかぎり 私たちの命は守れない
男性 静岡市
安倍政権のもとで、TPP(環太平洋連携協定)の国会承認が強行されようとしています。このまま突き進めば、食の安全が根底から覆されてしまいます。 戦車で人を殺すか、農薬や添加物で人を殺すか、金もうけのためなら人の命など虫けらほどにも考えないアメリカと日本の、一部財界や政府とたたかわなければ、私たちの命は守れません。 
 
●薬剤に頼らない 散歩歴27年が自信に
女性 長野県上田市
散歩歴27年。毎日40分ほど歩いています。前号の「認知症 歩いて改善予防しよう」を読み、歩行が認知症やほかの病気にもいいと知り、自信になりました。
ノンフィクション作家・島村菜津さんの連載「すてきな日本の味」で紹介された「キンメダイのひもの」(2016年9月号)。おいしくて、大きいサイズを一匹、一人で全部食べてしまいました。大満足でした。    

読者の感想  2016年10月号

2016-10-20
●反対運動広げていかなければ
女性 札幌市
前号で特集された遺伝子組み換え食品に、かなり関心があります。TPP法案が国会で可決したら、現行の抜け穴だらけの表示義務さえなくなる恐れがあるとの指摘に、大きな不安を感じます。周りの人と反対運動を広げていかなければと思います。
 
●大量生産優先の現状 多くの人に知ってほしい
女性 埼玉県狭山市
遺伝子組み換え食品が私たちの体の中に入るとどうなるのか、ほんとうに心配です。混入率が5%以下なら「遺伝子組み換えでない」と表示できるなんて、おかしいと思います。効率化や大量生産にばかり目が向けられている現状を、もっと多くの人に知ってほしいです。
先日の台風で川のようになった道を車で走ったら、車内の床に水が入り、マットを総取り替しなくてはいけなくなりました。見た目は濡れてないが、手で押すとポチャポチャと水の音がします。
 
●95歳まで一人暮らし 父の健康を支えた和食
女性 石川県中能登町
以前から食の安全に興味があり、良い本はないかと探していた矢先、『食べもの通信』を知り、定期購読することになりました。毎日の食材はスーパーマーケットでなくコープを利用して、35年になります。
8月号の特集「砂糖のとり過ぎにご用心」が、参考になりました。甘いものはあまり食べないように気を付けています。ダイエットにつながればいいな。
今春他界した私の実父は、和食中心の生活で、95歳まで元気に一人暮らしをしていました。父の食卓を日々、思い浮かべては、食生活が大切だとあらためて感じています。
 
●化粧品や日焼け止め ナノ粒子の毒性に驚き
女性 埼玉県川越市
10月号の「見えない有害物質と子どもの健康講座」を読んで、初めてナノ物質の毒性を知りました。母親がナノ粒子を含む化粧品や日焼け止めを使うと、皮膚から胎児の脳まで届く可能性があることなど、驚きです。
日焼け止めをしっかり塗ることばかり思っていましたが、注意しないといけませんね。
 
●懐中電灯と割り箸を持って 夜9時の「ナメクジ捕獲」
女性 宮城県名取市
6月号の三上亜希子さんの「山里だより アブラムシ大作戦」を読み、農家さんのご苦労が伝わってきました。わが家の庭でも少し野菜を作っていますが、アブラムシ、ナメクジ、イモムシの被害に困っています。
夜9時になると、夫が片手に懐中電灯、片手に割り箸を持って「ナメクジ捕獲」。でも被害をなくすのは難しいです。三上さんの貴重な研究でたどり着いたアブラムシ、ナメクジなどの対策を、教えてほしいです。
三上さんの釜津田も、9月号の「食のかけ橋」で紹介されたなかほら牧場も岩手県岩泉町ですが、猛威を振るった台風10号の被害はありませんでしたか。心配です。    

【読者アンケートより】購読者の声

2016-09-20
●適度な運動、食事も偏らず、骨密度低い原因は?
女性 東京都練馬区
健康チェックをすると体脂肪、BMIの数値はいいのですが、かくれ肥満と骨密度が年齢に比べて少し低いと言われました。外出はまめにするし、運動も適度にやっているし、食事も偏りなく食べている。これは、3時に甘いお菓子を食べる、わが家の習慣が原因ではないかと思いました。9月号の特集の、「丈夫な骨をつくる食事」が参考になりました。
 
●山を大事にする人 増やしたい
女性 群馬県桐生市
前号のインタビューで、登山家の田部井淳子さんの生き方にふれて感動し、力をいただきました。 私も山が好き。外国の山にも出かけています。「これだけ緑したたる、多種多様な樹木をもつ森林に囲まれた国は、日本のほかにありません」「秋の紅葉も海外に比べて色彩が豊かです」という田部井さんのことばに、確かにそうだと思い、日本の山々のすばらしさに気が付きました。 田部井さんが言うように、山の日は「山に感謝する日」だとたくさんの人に伝え、山を大事にする人を増やしたいです。
 
●無農薬の完熟イチジク 甘くて、おいしくて、安心
女性 大阪市
『食べもの通信』4月号の「食のかけ橋」欄で紹介された奈良のアイビィファームで、堀内政雄さんらが育てた無農薬の完熟イチジクを購入しました。 とても甘くて、おいしく、安心して皮までジャムにしました。堀内さんたち青年に、これからもがんばってほしいと思います。
 
●牛乳はがんとの関連も「がんは持病」が心打つ
男性 大阪府富田林市
9月号の骨の特集にあった加藤直哉医師の記事に賛成です。牛乳が体に悪いことはもはや事実です。前立腺がんや乳がん、卵巣がんといった性ホルモン系のがんとの関連も指摘されています。にもかかわらず、国をあげての牛乳の普及活動は、とどまることを知りません。「がんは『持病』だと思って付き合っていくしかない」。インタビューの田部井淳子さんといい、鳥越俊太郎さん(16年4月号)といい、すごいことばですね。がんをものともせずに前進する姿は心打ちます。私自身、がん検診でパニックになり落ち込んだ経験があるので、そのすごさがわかります。
 
●家族旅行中の学習用に『食べもの通信』
女性 埼玉県新座市
娘にすすめられて読みだした『食べもの通信』。身近な内容が満載で、バックナンバーも購入しました。今年の夏休みは、夫の友人の別荘を借りて3泊の家族旅行に行きました。滞在中の学習用に『食べもの通信』7、8月両号を持って。とくに、8月号の砂糖の特集は多面的に深く掘り下げられ、勉強になりました。「心と体と社会の健康を高める食生活」。毎日のことで、生きる基本ですね。

【読者アンケートより】購読者の声

2016-08-20
●砂糖の怖さを実感 食べられない環境つくりたい
女性 兵庫県西宮市
8月号の特集「スイーツブーム 砂糖のとり過ぎにご用心」を読み、砂糖の怖さを実感しました。家に菓子類は置かず、食べたいと思っても食べられない環境をつくることが大事ですね。
老化、免疫力の低下などリスクが大きすぎます。今後の食生活に生かしたいと思います。
 
●消費者がもっと賢くなるチャンスほしい
女性 愛媛県新居浜市
マーガリンと同じく、アスパルテームなどの人工甘味料が入っていないお菓子は、なかなか見つけられない世の中になりました。なんでもかんでも人工甘味料とマーガリン、ついでに味の素が入っています。
昔ながらの菓子、食生活に返らないといけないのでしょうね。消費者が、もっと賢くなるチャンスがほしいです。
伊方原発が再稼働するかどうかの瀬戸際です。壊れてばかりの3号機に無理やりMOX燃料を充てんしたので、本当に怖い。毎日空間線量を測っています。
 
●牛だけでなく豚、鶏も痛みを感じさせないように
女性 広島市
8月号の「現代酪農の不自然な搾乳システム」を読み、動物の福祉が遅れている日本の現状について考えました。牛だけでなく豚、鶏も。人間が食料にする動物が、利潤追求のために過酷な飼育をされていて、胸が痛みます。
ポール・マッカートニーさんは、「と殺場がガラス張りになれば牛肉を食べられないだろう」と言っています。猫、犬と同様にどの動物も感情があり、痛みを感じます。せめて、生あるうちは伸びのびとさせて、殺すときには痛みを感じさせないようにと願います。
 
●楽しみな「今月の旬」5つの提言は良きパートナー
女性 仙台市
毎号、楽しみにしています。表紙を飾る野菜の写真と解説(「今月の旬」)は、すばらしいですね。8月号のツルムラサキは、わが家の家庭菜園で作っています。食べ方が紹介されており、うれしかったです。
家庭栄養研究会の「5つの提言」は、毎号声に出して読んでいます。「食育」の講師をするときにも活用する私の良きパートナーです。
 
●梅しょう番茶続けています
安保関連法反対あきらめない
女性 鹿児島県霧島市
なんでも三日坊主の私ですが、『食べもの通信』を読んで続けているのが、梅しょう番茶(2015年9月号35ページ)です。おなかの調子が良くなる気がします。
8月号のインタビュー欄に登場した横湯園子さんは、日本母親大会で初めて話を聞いてから、尊敬しています。子どもの不登校とひきこもりの分科会で助言者をされていました。
「女の平和 レッドアクション」では、私たちも赤いものを身につけて街に出て、安保関連法反対をアピールしてきました。これからもあきらめずにがんばらないと、と思います。

【読者アンケートより】購読者の声

2016-07-20
●魚も肉も、どのように育ったかまで考えたい
女性 東京都江戸川区
前号の特集「魚 もっと食卓に」を読んで、国民1人1日当たりの魚の摂取量が、2008年に肉と逆転して減っていることに驚きました。わが家も意識しないと肉料理が多くなるので、夕食は肉と魚を交互に食べるようにしています。
最近は、チリの養殖サーモンの漁場汚染が話題になりましたが、魚でも肉でも、どのように育ったかまで考えないと、安全とは言えませんね。
 
●深くあたたかい人 チケットはまだあるかな
男性 大阪府富田林市
前号の稲川淳二さんのインタビューは、私にとって新しい発見でした。深くあたたかい人なのですね。
「ミステリーナイトツアー」も初めて知りました。「夏の風物詩」とはいいですね。今年は私も参加しようかな。チケットはまだ残っているかな。
 
●食品規制の強化を美しい水田の緑
女性 大分県国東市
『食べもの通信』で、今まで知らなかった電磁波のこと、発達障害のこと、花粉症の記事を読み、多く学びました。
農薬や食品添加物、遺伝子組み換え食品が、人間の体に大きな害を与えていることを知り、規制を強化させていかなければと思いました。
『食べもの通信』を持ち歩いて、多くの人に紹介したいです。
田植えの終わった水田は水がいっぱい。稲がグングン大きくなり、緑が美しいです。
 
●「遺伝子組み換えでない」食品表示の落とし穴
女性 兵庫県伊丹市
「遺伝子組み換えでない」と書いてある食品は、遺伝子組み換え(GM)がゼロだと思っていました。
ところが、前号の『食べもの通信』を読んで、GM遺伝子が5%未満、使用量が上位4位以下なら「遺伝子組み換えでない」と表示できると知りました。
今後もしっかり読んで、生活に生かしたいです。
 
●イラストもアイデアもいい 料理嫌いでもできそう
女性 岐阜県関市
連載「子どもの食事 おかわりちょうだい!」は、イラストがあり、見るだけでもすぐ作れそうな気になります。アイデアも良くて、料理嫌いな私にもできそう。ありがたいです。

【読者アンケートより】購読者の声

2016-06-17
●コンサートのたびに歌と舞に魅せられて感動
女性 東京都目黒区
前号のインタビューに登場した古謝美佐子さんの沖縄民謡に魅せられ、古謝さんの生き方に感動し、コンサートのたびに足を運んでいます。
古謝さんの歌う曲「黒い雨」で広島や沖縄に思いをはせて涙し、「琉神」の舞に拍手。そして、何よりも古謝さんのお話に共感し応援したいと思っています。オバマ米大統領が広島を訪問しました。沖縄の人びとの生活や思いにも心を寄せてほしいです。
 
●酢のイロハを学べた 食習慣に生かしたい
女性 愛知県豊中市
前号の特集を読んで、酢の威力をあらためて見直しました。
お酢の料理は、他人が作ったものはおいしくいただくものの、さて作るとなると苦手意識が強いです。酢のイロハを学べたからには、食習慣に少しずつ生かしていきたいと思います。
サークル仲間との会話でも、話題にしたいと思います。
 
●早速作ったイワシの梅干し煮
女性 埼玉県川越市
前号の「伝統食料理」で梅干し料理が紹介されていて、参考になりました。早速イワシの梅干し煮を作りました。
インタビューの古謝美佐子さんのお話もいいですね。
 
●知らないのは恐ろしい 身の回りをチェックします
女性 東京都江戸区
ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議理事の水野玲子さんの連載に、いつも驚かされます。また、知らないというのは恐ろしいことですね。海や人体を汚染するマイクロプラスチックの製品がないか、もう一度身の回りをチェックします。
 
●初孫が発熱で入院 こんなときキャベツが出番
男性 大阪府富田林市
初孫が40度の熱を出し、1週間も入院しました。原因は突発性湿疹でした。
こんなとき、貴誌で連載中の「おうちでできる子どもの手当て」で紹介された、キャベツの葉を頭にのせて冷やす方法を知っていたらと思いました。だれが始めたのか知りませんが、ユニークですばらしい方法だと思います。

【読者アンケートより】購読者の声

2016-05-20
●携帯基地局の設置を阻止 『食べもの通信』が力に
女性 大阪府高槻市
4月号の特集「発達障害 食事療法からのアプローチ」と、5月号の特集「知らずに浴びている電磁波」は、もっと早く知りたいと思う内容でした。
以前、住んでいたマンションの屋上に携帯電話基地局のアンテナ設置が検討されたさい、『食べもの通信』の電磁波についての記事をコピーし、理事会に提出。おかげさまで設置しないとの結論に達し、安堵(あんど)しました。
4.5月の両号は、妹や子どもたちにしっかりと伝えたいと思います。
 
●冷凍ご飯の温めは電子レンジより蒸して
女性 沖縄県うるま市
電磁波のことが気になっていたので、5月号の電磁波の特集は関心をもって読みました。毎日、当たりまえのように使用している電子レンジですが、まったく使用しないで過ごすにはどうしたらいいか、悩み中です。
これまで、ご飯は冷凍保存して食べる前に電子レンジで温めていました。特集を読んでからは、食べる前に冷凍庫から出して、蒸して食べるようにしています。
電気毛布、電気カーペットからも電磁波が出ているなんてびっくり。知識がありませんでした。今号は、すぐに妊娠中の娘にも読ませました。
 
●憲法のすばらしさを痛感 守り抜きたい
男性 静岡県函南町
5月号で弁護士の金杉美和さんのインタビューを読んで、日本国憲法のすばらしさとそれを守り抜く大切さを、あらためて痛感しました。貧しさから若者たちが、自衛隊にと追いやられているとの指摘も印象的で、いい記事でした。
東京医科歯科大学名誉教授の藤田紘一郎さんの連載「アレルギー新常識」も、参考になりました。アレルギーの仕組みはじつに複雑で、免疫システムの過剰反応くらいに考えていていいと思いますが、藤田氏が繰り返し述べてきた過剰な清潔志向への警告に、賛同します。
 
●TPP反対の請願署名 周りの人たちに広げたい
女性 京都市
いつも、『食べもの通信』に学ばせてもらっています。5月号の「家栄研だより」を読んで「TPP(環太平洋連携協定)を批准しないことを求める請願署名」に取り組みたいと思います。
周りの人たちの多くに、TPPの問題点を広げたいと考えています。
 
●健康のためのお茶 無農薬栽培がいい
女性 北海道福島町
健康のために、毎日お茶を飲んでいます。でも、農薬使用の有無は確認していませんでした。健康のために飲むなら無農薬栽培のほうがいいですね。5月号の読者プレゼントで紹介されていた「天の紅茶」を、飲んでみたいです。
0
0
2
3
0
9
2017年02月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
土日祝日はお休みです。電話受付時間は10:00~17:00です。
  • 営業日