食べもの通信社 食べもの通信 家庭栄養研究会
本文へ移動

新刊の紹介

NEW食べもの通信 2022年7月号No617
  • 食べもの通信 2022年7月号
    食べもの通信 2022年7月号
  • 食べもの通信 2022年7月号 特集1
    食べもの通信 2022年7月号 特集1
  • 食べもの通信 2022年7月号 特集2
    食べもの通信 2022年7月号 特集2
    • 食べもの通信 2022年7月号
    • 食べもの通信 2022年7月号 特集1
    • 食べもの通信 2022年7月号 特集2

知りたいっ 夏の冷え対策

食べもの通信 2022年7月号No617

商品番号:9784772671576
定価770円(税込)
2022年7月号 No617

<インタビュー>
スポーツジャーナリスト 増田明美さん
スポーツから広がる多様性を街に、社会に

<特集1>
知りたいっ 夏の冷え対策

暑い夏になぜ体が冷える?
過度な冷房が招く心身の活力低下

夏こそ冷えない体づくりで年中快適
神奈川歯科大学大学院統合医療学講座特任教授 川嶋朗

おなかを温めて冷えを防ぐ
過度な冷房が招く心身の活力低下

体を温める食材一覧
ほっこり温まる!お役立ちレシピ
国際薬膳師・温活指導士 麻木久仁子

<特集2>
食べものが買えない!!
現実になった食料危機
自給率37%の引き上げは待ったなし

世界的な食料価格の高騰
国内生産の拡大・維持こそが安全保障
東京大学大学院教授 鈴木宣弘

日本の食料輸入依存の実態
日本の食卓に直結
世界の異常気象とロシアのウクライナ侵略
食ジャーナリスト 小倉正行

日本の風土に適し、生産能力もある
飼料用米を新たな主軸に
家庭栄養研究会顧問 蓮尾隆子

食料自給率を引き上げる!
家庭栄養研究会編集委員会

               
その他商品
 『食べもの通信』は、安全な食べものと、日本の食文化に根ざした健全な食生活と平和への願いから出発しました。あなたの疑問に答え、ともに学び、暮らし方を問い直し、考えあう雑誌です。
 今、地球の環境破壊が進んでいます。さらに、3.11以降は、未曽有の放射能汚染も続いています。
そして、戦火の火種がくすぶり続け、平和な生活が脅かされています。
 かけがえのない命が守られ、健康に生きることは、私たちの権利です。私たちは「心と体と社会の健康を高める食生活」を実現するために次の5つの視点で提言しています。

1.安全性 子どもたちの健康と未来のため、「食」の安全に配慮しましょう。
2.健康・栄養 自然のリズムに沿った健康的な「食」をめざしましょう。
3.食文化 日本の風土に根ざしたお米を中心とする食文化を大切にしましょう。
4.食教育 食と「いのち」のつながりを学べる、食教育を実践しましょう。
5.食糧自給 平和・環境を大切にし、生産者と消費者が手を結び食料自給を高めましょう。


1
0
8
9
2
6
食べもの通信社への地図
TOPへ戻る