食べもの通信社 食べもの通信 家庭栄養研究会
本文へ移動

ほん

食べものが劣化する日本
  • 食べものが劣化する日本
    食べものが劣化する日本
  • 食べものが劣化する日本 目次
    食べものが劣化する日本 目次
  • 食べものが劣化する日本 目次
    食べものが劣化する日本 目次
  • 食べものが劣化する日本 目次
    食べものが劣化する日本 目次
    • 食べものが劣化する日本
    • 食べものが劣化する日本 目次
    • 食べものが劣化する日本 目次
    • 食べものが劣化する日本 目次

食べものが劣化する日本

食べものが劣化する日本

定価1540円(税込)
 

農薬やなどの健康への影響が明らかになり、禁止する国々が広がっています。しかし、日本は米国の農産物輸入の拡大要求に応じて、食品安全規制を緩和し続けています。
日本の医療費は、2017年度には42兆円を超え、50年前の100倍になっています。医療が進歩しているのに、国民の健康が悪化、とりわけ子どもたちの発達への影響が懸念されています。その背景に、食べものの劣化があります。子どもの未来を守るために、マスコミでは報道されない市民運動からの情報をお伝えします。 

その他商品
 『食べもの通信』は、安全な食べものと、日本の食文化に根ざした健全な食生活と平和への願いから出発しました。あなたの疑問に答え、ともに学び、暮らし方を問い直し、考えあう雑誌です。
 今、地球の環境破壊が進んでいます。さらに、3.11以降は、未曽有の放射能汚染も続いています。
そして、戦火の火種がくすぶり続け、平和な生活が脅かされています。
 かけがえのない命が守られ、健康に生きることは、私たちの権利です。私たちは「心と体と社会の健康を高める食生活」を実現するために次の5つの視点で提言しています。

1.安全性 子どもたちの健康と未来のため、「食」の安全に配慮しましょう。
2.健康・栄養 自然のリズムに沿った健康的な「食」をめざしましょう。
3.食文化 日本の風土に根ざしたお米を中心とする食文化を大切にしましょう。
4.食教育 食と「いのち」のつながりを学べる、食教育を実践しましょう。
5.食糧自給 平和・環境を大切にし、生産者と消費者が手を結び食料自給を高めましょう。


1
0
8
9
2
9
食べもの通信社への地図
TOPへ戻る