食べもの通信社 食べもの通信 家庭栄養研究会
本文へ移動

2020年8月号 連載 続 どっちを選ぶ? こんなに違う加工食品【17】

飲むりんご酢

「飲むりんご酢」
「飲むりんご酢」
【選ぶポイント】「調味料(アミノ酸など)」「氷酢酸」「酢酸」 
 醸造酢であっても酸味料(氷酢酸、酢酸は除く)と調味料(アミノ酸など)の使用は認められています。化学合成で作られた氷酢酸、酢酸を原料としたもの、添加物が多いものは避けましょう。
 
Better 
純リンゴ酢 醸造酢 
 果実酢の一種。原材料はリンゴ果汁だけというのはうれしいですね。
 原材料名の表示に「りんご果汁(国内製造)」と書いてあります。「国内製造」とは「国産リンゴ」という意味ではなく、りんご果汁の製造を国内でおこなっているという意味です。リンゴは国産とは限りません。ほかの食品でも「国内製造」の表示には、注意してください。また、国産でも農薬の心配はあります。
 
【原材料名】
りんご果汁(国内製造)

2020年7月号 連載 続 どっちを選ぶ? こんなに違う加工食品【16】

発泡するお酒

「発泡するお酒」
「発泡するお酒」
【選ぶポイント】「無添加のお酒」「おつまみも無添加に」
 前号でも紹介しましたが、添加物はアルコールと一緒に摂取した場合とそうでない場合の吸収率が異なるため、通常の添加物安全性試験の結果が当てはまらないケースも考えられます。添加物はアルコールと同時に摂取した場合の安全性が検証されていないので、添加物不使用のものを選びましょう。いくらお酒が無添加でも、おつまみが添加物まみれではどうしようもありません。
 
Better 
金麦 糖質75%オフ
 発泡性のリキュールです。添加物は使用されていません。「糖質75%オフ」はお腹の出具合を気にしている人には、うれしいのではないでしょうか。一緒に食べるおつまみや珍味類も、添加物が使用されていないものを選んでください。
 原材料にある「スピリッツ」は蒸留酒のことですが、通例はウィスキーやブランデーを除いたものを指します。
 
【原材料名】
発泡酒(国内製造)(麦芽、ホップ、糖類、食物繊維)、スピリッツ(小麦)
 
 

2020年6月号 連載 続 どっちを選ぶ? こんなに違う加工食品【15】

チューハイ(発泡性)

「チューハイ(発泡性)」
「チューハイ(発泡性)」
【選ぶポイント】「無添加」「添加物の少ないもの」
 添加物の安全性試験は添加物を加えた餌を動物に食べさせておこなわれますが、アルコールを飲ませながら実施することはありません。つまり、アルコールと添加物を同時摂取した場合の安全性は確認しないのです。
 たとえば、飲酒と喫煙生活を長く続けると、咽頭がんになる率が数倍高くなります。タバコの中の発がん物質が、アルコールによって吸収されやすくなるからでしょう。
 添加物は珍味類、おつまみ類にも多く使用されています。同時摂取した際の安全性は不明なので、お酒もおつまみも無添加か、添加物の少ないものを選びましょう。
 
Better 
本搾り 香料、酸味料、糖類無添加,ピンクグレープフルーツ 
 ほぼ無添加といってよい製品です。添加物として炭酸が使用されていますが、炭酸ガスです。おすすめできる商品だと言えます。種類により含まれている量が異なりますが、グレープフルーツには、ある種の血圧降下薬の作用を増強させる物質が含まれていますから、ご注意下さい。
 
【原材料名】
グレープフルーツ、ウオッカ/炭酸
(下線部が添加物)
 

2020年5月号 連載 続 どっちを選ぶ? こんなに違う加工食品【14】

ノンアルコールビール

「ノンアルコールビール」
「ノンアルコールビール」
【選ぶポイント】酸化防止剤のビタミンⅭ」「カラメル色素」
 酸化防止剤のビタミンⅭは合成添加物です。ビタミンⅭ自体が酸化し、赤色の物質、褐色物質、そのほかいろいろな物質に変化しますが、これらの安全性は不明です。
 カラメル色素は、砂糖を製造するさいの副産物や炭水化物を含む物質に薬品を加え、加熱して作ります。原料や加える薬品によって生成する成分が異なるという不気味な着色料です。添加物の少ないものを選びましょう。 
 
Better 
ゼロクリア 炭酸飲料
 添加物は炭酸ガスだけです。ベトナム産ですが、国産であっても原料、添加物は中国をはじめ外国産の場合があることを鑑みると、安心できる製品だと思います。
 
【原材料名】
麦芽、米、ぶどう糖、ホップ/炭酸ガス
(下線部が添加物)
 

2020年4月号 連載 続 どっちを選ぶ? こんなに違う加工食品【13】

マーマレード

「マーマレード」
「マーマレード」
【選ぶポイント】pH調整剤」「香料」「乳化剤」
 添加物として使用されているペクチンには、砂糖大根(てんさい)由来のものと、天然ペクチンの化学構造を変えたものがありますが、さほど心配することはないと思います。
 pHは酸性とアルカリ性の度合いを表すもので、7を中性として数字が少なくなるほど酸性が強くなります。食品のpHを一定に保つのがpH調整剤です。pH調整剤はピロリン酸二水素ナトリウムなど34の化学物質から、いくつかを選び混ぜたもので、どんな化学物質が使用されているのかはわかりません。乳化剤、香料も事情は大体同じです。
 pH調整剤、香料、乳化剤、などいろいろな添加物が使用されているものがありますが、ペクチン以外の添加物の種類が少ないものを選びましょう。 
 
Better 
きれいな甘さ  オレンジマーマレード55
 使用されている添加物はペクチンだけです。無添加とは言えませんがそれに近い商品です。原料のかんきつ類の組み合わせに、味、色、香り、ゲル強度などへの工夫の跡が見られます。
お勧めの商品だと思います。
 
【原材料名】
かんきつ類(夏ミカン、ネーブルオレンジ、冬だいだい、シビルオレンジ)、砂糖類(砂糖、ぶどう糖(液状))/ゲル化剤(ペクチン)
(下線部が添加物)
 

2020年3月号 連載 続 どっちを選ぶ? こんなに違う加工食品【12】

ブルーベリー

「ブルーベリー」
「ブルーベリー」
【選ぶポイント】「無農薬」「添加物の少ないもの」
 アメリカ産のブルーベリーが多く出回っていますが、最近は輸入時の農薬検査で基準値を超えることは、ほとんどありません。国産のものも基準値以下ですが、農薬が検出されています。無農薬栽培された国産品で、「残留農薬検査済」と表示されたものを選びたいですが、そのような商品は数が少なく、入手困難です。
 農薬の使用については商品に表示されないので、消費者にはわかりません。しかし、添加物の使用有無は、表示を見ればわかります。添加物が少ないものを選びましょう。
 
Better 
ブルーベリー  原産国:アメリカ
 添加物は使用されていませんが、砂糖が添加されています。ブルーベリー自体に果糖、ぶどう糖などの糖類が含まれており、乾燥させる段階で濃縮されます。さらに砂糖を加える必要はないと思いますが…。甘さが強いものが、好まれるのでしょうね。
 
【原材料名】
ブルーベリー、砂糖、植物油
 

2020年2月号 連載 続 どっちを選ぶ? こんなに違う加工食品【11】

「せんべい 黒豆入り」

「せんべい 黒豆入り」
「せんべい 黒豆入り」
【選ぶポイント】「米の生産地」
 主原料であるお米が外国産の場合、収穫後、日本まで運ぶ間にカビなどが繁殖しないように、防カビ剤として農薬が使用される場合があります。この点では、国内産なら不安が少ないので、国産米を使用し、添加物の少ない商品を選びましょう。
 
Better 
黒豆せんべい 国産米100%使用
 添加物は調味料(アミノ酸等)だけです。これは化学調味料で好ましくありませんが、たんぱく加水分解物(添加物ではありません)が使用されているよりは、ましかもしれません。
 しょうゆが使用されていない点は、好感がもてます。業務用しょうゆには、保存料として安息香酸Naやパラベン類が使用されている場合があるうえに、表示の義務がありません。
 「栄養成分表示」を見ると、脂質がかなり含まれています。体重を気にされる方は要注意です。塩分は少ないので、食べ過ぎなければ問題はあまりないでしょう。
 
【原材料名】
うるち米(国産)、黒大豆(遺伝子組換え
でない)、植物油脂、食塩/調味料(アミノ酸等)
(下線部が添加物)
 

2020年1月号 連載 続 どっちを選ぶ? こんなに違う加工食品【10】

料理酒

料理酒
料理酒
【選ぶポイント】「たんぱく加水分解物」
 うま味を増強するため、たんぱく加水分解物を加えている料理酒もあります。たんぱく加水分解物の多くは酸による加水分解物です。人の消化による加水分解生成物とは異なり、アミノ酸のほかに得体のしれない多種類の物質の混合物です。安全性に関し、強い疑念があります。たんぱく加水分解物は添加物に指定されていませんが、避けるのが賢明です。
 
Better 
mizkan  料理酒
 この製品には食塩と、酸味料としてクエン酸が添加されています。クエン酸は人の体内にも存在する物質でミカン、レモンなどのかんきつ類にも多く含まれています。
 安定的な物質で、添加物として設定された規格基準を満たしたクエン酸であれば、安全性への懸念はありません。
 水あめが添加されている料理酒が多くありますが、それは「照り」を出す効果があるためです。
 
【原材料名】
醸造調味料(米、アルコール、食塩、米こうじ)、アルコール、水あめ、食塩/クエン酸

2019年12月号 連載 続 どっちを選ぶ? こんなに違う加工食品【9】

さきいか

さきいか
さきいか
【選ぶポイント】「ソルビン酸」
 ソルビン酸は非常に不安定な物質であり室温であっても分解します。分解物の安全性が心配です。また、ソルビン酸のような酸型化合物は、アルコールが共存すると吸収が良くなるといわれています。アルコールとソルビン酸を同時に経口投与したデータはないので、とても心配です。
 
Better
ソフト いか燻製(くんせい)
 製造時には、添加物を使用していない商品です。ただし、醸造酢に添加物が含まれている可能性があります。また、薫製品にはいぶす工程で生成する有害物質が含まれる場合があります。これらの点から、この商品が完全に無添加で、無害かは不明です。
 
【原材料名】
いか、砂糖、発酵調味料、醸造酢、食塩、粉末水あめ、酵母エキス、魚介エキス

2019年11月号 連載 続 どっちを選ぶ? こんなに違う加工食品【8】

あごだし

あごだし
焼きあごだし 和風だしの素
【選ぶポイント】 「たんぱく加水分解物」「調味料(アミノ酸等)」
 あごだしのうま味成分・イノシン酸はグルタミン酸と併用するとうま味が増すため、調味料(アミノ酸等)が配合された製品が多いです。この化学調味料=アミノ酸等は前号でも紹介したように、高温加熱で発がん物質に変化します。
 たんぱく加水分解物の原料には肉類、大豆類、小麦などが使用され、アミノ酸だけがつながった単純たんぱく質ではなく、糖類、脂質など正体不明の複合たんぱく質が含まれます。DCP(ジクロロプロパノール)など、発がん性が疑われる物質が含まれている可能性があります。
 
better
焼きあごだし 和風だしの素
 調味料(アミノ酸等)が使用されているのは残念ですが、たんぱく加水分解物が使用されていないのは、評価できます。
 「保存料(ナイシン)」と書くと印象が悪いので、「発酵調味(風味)料」と表記するケースがあります。ナイシンは微量でも体への影響が大きいとされ、摂取し過ぎると食品に含まれる耐性菌が体に入ってしまう恐れもあります。でも、この表記ではナイシンの有無はわかりません。単に「発酵調味(風味)料」ではなく、ナイシンまたは抗菌性物質を含むか否かまで表記すべきです。
 
 
【原材料名】
食塩、砂糖類(乳糖、砂糖)、風味原料(焼きとびうお(あご)粉末)酵母エキス、発酵調味料/調味料(アミノ酸等)、(一部に小麦・乳成分・大豆を含む) 下線部が添加物です。
 
《製造者》
味の素株式会社
〒104-8315 東京都中央区京橋1-15-1
お客様相談センター 0120-68-8181
 

2019年10月号 連載 続 どっちを選ぶ? こんなに違う加工食品【7】

めんつゆ

めんつゆ
めんつゆ
【選ぶポイント】「たんぱく質加水分解物」「アミノ酸等」
 「たんぱく質加水分解物」は「添加物」に指定されていませんが、正体不明の化合物の混合物です。
 化学調味料(アミノ酸等)の主成分「グルタミン酸ナトリウム(Na)」は、高温で加熱するとGlu‐P‐1という発がん物質に変化します。揚げもの、煮もののような高温加熱する料理に使うのは避け、用途はめんつゆに限定したほうがいいでしょう。グルタミン酸Naはしょうゆなどにも含まれており、量が多くなるほどGlu‐P‐1も増えます。
 
 Better
追いがつおつゆ ストレート
 たんぱく質加水分解物は不使用です。ただし、果糖ぶどう糖液糖、水あめ、砂糖などの糖類がかなり含まれているため、血糖値が気になる方は、使用量を控えめにしたほうがよいでしょう。
 乳酸は添加物ですが、問題ありません。保存料として使用されているアルコールは発酵により製造されたもので、安息香酸Naなどが添加されるよりはずっといいです。
 
【原材料名】
しょうゆ(本醸造)(小麦・大豆を含む)、果糖ぶどう糖液糖、水あめ、食塩、砂糖、かつおぶし(粗砕、粉砕)、醸造酢、魚介エキス、こんぶエキス、濃縮だし(かつおぶし、乾しいたけ)、酵母エキス/アルコール、調味料(アミノ酸等)、乳酸
    
《製造者》
株式会社 ミツカン
〒475-8585 愛知県半田市中村町2-6
お客様相談センター 0120-261-330

2019年9月号 連載 続 どっちを選ぶ? こんなに違う加工食品【6】

だしじょうゆ

だしじょうゆ
だしじょうゆ
【選ぶポイント】 「たんぱく加水分解物」「ぶどう糖果糖液糖」
 
 食品添加物ではありませんが、たん白加水分解物はさまざまな化学物質の混合物です。原材料名をよく確認して、添加されていない製品を選びましょう。
 ぶどう糖化糖液糖も添加物ではありませんが、化学的手法で製造したものです。添加物に指定し、厳格な規格基準を設定すべきです。摂取後すぐに血糖値が上がるので、血糖値に問題がある方は控えたほうがいいでしょう。
 
Better
 寺岡家のちょっとぜい沢(たく)なだし醤油  
〔食塩相当量 15㎖当たり1.8g〕

 化学調味料である「アミノ酸等」や、「カラメル色素」などが添加されていない点は、評価できます。
 化学調味料を使用していては安全性はともかく、おいしさの本質が天然素材だけではなくなってしまいます。だしじょうゆと称するなら、だしとしょうゆを基本にしてほしいですね。
 保存性を高めるためにアルコールが添加されていますが、問題ありません。
 
【原材料名】
しょうゆ(大豆・小麦を含む)(国内製造)、砂糖、かつお節エキス、食塩、煮干エキス、酵母エキス/アルコール
  
 
《製造者》
寺岡有機醸造株式会社 松永工場
〒729-0105
広島県福山市南松永町2丁目3の25
フリーダイヤル 0120-511549

2019年8月号 連載 続どっちを選ぶ? こんなに違う加工食品【5】

濃口しょうゆ

ポテトチップス
農薬、化学肥料など、有機JASが認めたもの以外は使用していないと記載されています
選ぶポイント 「アミノ酸液」「カラメル色素」「甘草」
 
 アミノ酸液はたんぱく質を酸加水分解し、アルカリで中和したもので、アミノ酸以外の物質も含まれています。添加物に指定すべきものです。
 カラメル色素はさまざまな物質の混合物で、なにがどれくらい含まれているか不明で、不気味な代物です。
 甘草(かんそう)はマメ科のカンゾウの根茎から抽出した甘味成分です。食塩の塩辛さを和らげるために添加されます。甘草を加えたしょうゆは塩辛さを感じにくいので、しょうゆの使い過ぎによる塩分の過剰摂取にご注意を!
 

2019年7月号 連載 続どっちを選ぶ? こんなに違う加工食品【4】

ポテトチップス

ポテトチップス
無添加です。ただしたんぱく加水分解物は人工的に製造したうま味調味料です
選ぶポイント 「カラメル色素」

カラメル色素は糖(純度が低いものも少なくない)を含む液体に亜硫酸塩、酸、アンモニウム化合物などを加熱して作られる化合物の混合物です。個々の化合物がどんなものなのか解明されていない、不気味な着色料です。発がん性が強く疑われるイミダゾール化合物が含まれている場合もあります。

2019年6月号 連載 続どっちを選ぶ? こんなに違う加工食品【3】

インスタントラーメン

インスタントラーメン
加工デンプンとたんぱく加水分解物が使用されていない点で、少し高く評価できます
選ぶポイント 「加工デンプン」「たんぱく加水分解物」

 加工デンプンは、デンプンにさまざまな化学薬品を作用させて製造した合成添加物です。「不純物が何%以下であること」という基準が設定されていないため、不安な添加物です。
 また、たんぱく加水分解物は法令上は添加物ではありませんが、強い塩酸で加水分解されたものです。ヒトが食べものを消化するのも一種の加水分解ですが、それとはまったく異質なものです。さまざまな化学物質の混合物で、個々の物質の中身や安全性については解明されていません。
 

2019年5月号 連載 続どっちを選ぶ? こんなに違う加工食品【2】

メロンパン

メロンパン
小麦粉、砂糖、植物油脂、卵、乳酸菌発酵液、パン酵母、クリーム、食塩、発酵風味料、乳等を主要原料とする食品、バター、脱脂粉乳、(一部に卵・乳成分・小麦・大豆を含む)
選ぶポイント 「膨張剤」

包装袋に「マーガリン、イーストフード、香料を使わず」と書かれていて、安心できそうです。食品添加物は使用されていません。膨張剤を使用しなくても、添加物をたっぷり使用しなくても、メロンパンは作れるのです。食べてみましたが、おいしかったですよ。安心できる逸品といえます。
 
≪製造者≫イオン株式会社
〒261-8515
千葉県千葉市美浜区中瀬1-5-1
トップバリューコールセンター:0120-28-4196
 

2019年4月号 連載 続どっちを選ぶ? こんなに違う加工食品【1】

食パン

食パン
乳化剤、イーストフード、V.Cなどの添加物は使用されていません
食パンを選ぶポイント
「乳化剤」「イーストフード」
 
原材料名 小麦粉(国内製造)、砂糖、バター入りマーガリン、パン酵母、食塩、米粉、醸造酢、(一部に小麦・乳成分を含む)
 
《製造者》敷島製パン株式会社
〒461-8721 名古屋市東区白壁5丁目3
フリーダイヤル0120-084-835
 
0
6
0
0
6
5
TOPへ戻る