食べもの通信社 食べもの通信 家庭栄養研究会食べもの通信社 食べもの通信 家庭栄養研究会
本文へ移動
自然災害により被害を受けられた皆様に心からお見舞い申し上げます。ご健康に留意され、一日も早く復旧されますことをお祈り申し上げます。
注目NEW改訂新版 がん再発予防の食事&生活術
  • 改訂新版 がん再発予防の食事&生活術
    改訂新版 がん再発予防の食事&生活術
  • 改訂新版 がん再発予防の食事&生活術 目次
    改訂新版 がん再発予防の食事&生活術 目次
  • 改訂新版 がん再発予防の食事&生活術 目次
    改訂新版 がん再発予防の食事&生活術 目次
    • 改訂新版 がん再発予防の食事&生活術
    • 改訂新版 がん再発予防の食事&生活術 目次
    • 改訂新版 がん再発予防の食事&生活術 目次

改訂新版 がん再発予防の食事&生活術

改訂新版 がん再発予防の食事&生活術

本体価格1300円(税別)
 

 日本では2人に1人はがんになり、死亡原因の1位が続いています。さらに2011年の「3・11原発事故」以降、放射性物質の発がんリスクが加わり、がん発症の危険性がいっそう増しています。日本のがん治療は、「手術・放射線・抗がん剤」の三大療法が中心ですが、治療後も多くの患者さんが、再発・転移の不安を抱えています。


 アメリカでは、栄養療法が注目され、医師が退院後の食事指導をして再発予防にとりくみ、成果をあげています。しかし、日本では再発予防のために、食事指導を行っている医師は、まだ、ごく少数です。

 がん専門医で食事療法の第一人者、済わた陽よう高たか穂ほ 医師は、「がん発症前の食事のままにしていたために、再発・転移した患者さんをたくさん診てきました。がん体質を根本から変えるには、食事が重要です」と指摘します。

 がん細胞は、私たちが食べているものを栄養源にしています。がん細胞が増殖する食事か、消滅していく食事か?免疫力を高める食事によって、がんを克服する可能性があるのです。ただし、再発・転移した場合は、食事だけでは抑えきれません。医療機関での総合的な治療が大切です。

 

旧版は4刷を重ね、初版から6年経過しました。このたび改訂するにあたり、療養の宿を増補し、統計を更新、食事療法や入浴法、運動療法に関する最新情報を更新・補筆しました。
 がん再発に不安のある方はもとより、がんの予防に関心をもっている方のお役に立てれば幸いです。 

(はじめにより)

その他商品
0
3
9
3
4
7
2019年11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
2019年12月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
土日祝日はお休みです。電話受付時間は10:00~17:00です。インターネット、FAX、メールでのご注文は24時間受け付けております。
  • 営業日
  • GW中の休業日
  • 12/29~1/4までは年末年始休業
TOPへ戻る