食べもの通信社 食べもの通信 家庭栄養研究会食べもの通信社 食べもの通信 家庭栄養研究会
本文へ移動
RSS(別ウィンドウで開きます) 

5月号はキャベツ!

2017-02-16
特集の打ち合わせのあと・・・
本日は5月号、キャベツ特集の打ち合わせで企画担当の家庭栄養研究会のみなさんが集合していました。
白熱した打ち合わせに5月号の特集も期待できちゃいそうですよ~ん。頭をつかったあとは、ふーちゃんの差し入れの、ただの生協のりんごです。甘くておいし~い。
ふーちゃん、ありがとう♪きゃぴ。
 
さてさて、もうひとがんばり。
明日は3月号の発送予定です。食べもの通信社から直送のみなさまへは来週初めくらいには届くかと。。。書店経由、その他のみなさま、すみませんが、もうしばしお待ちくださいませ~。ではでは(ゆ)
 

自動更新しないでちょ。

2017-02-15
ただいま給与計算中。がっ・・・、ななななななんと。
始まってしまいました。Windowsの自動更新!
パソコンユーザーのみなさまも一度はご経験があるのでは??
 
おーーーい、勝手に更新しないでくれ~、うぎょ~っ。
入力したものはいずこへ~、あれ~っ。
じたばたしてもどうにもならないので、とりあえずおやつタイムにしておきます。(ゆ)

スーパー食材の発芽玄米

2017-02-14
発芽玄米はどちらでしょう?
 発芽玄米をもらいました。『食べもの通信』1月号で特集したように、がんや認知症予防、抗酸化作用など多くの健康効果を秘めたスーパー食材です。
 5分づき米と並べてみました。どちらが発芽玄米か、わかりますか。
 答えは右のお米。ブレンドして炊きましたが、いつも食べている米との違いは感じられず、おいしかったです。(えつ)

農業体験4

2017-02-13
土から小さな顔を出すフキノトウ
エプロンのポッケからこぼれ落ちそうです
小松菜です。へたっぴながら収穫しました
Sさんが煮た八つ頭。里芋とは違う甘味があり、滑らかな舌触りです
カブの花。可憐で華やかな黄色が目を引きます
 今回はほんの少し離れた畑で、フキノトウをとりました。春の味覚の代表格です。土から愛らしく顔を出しています。ナイフで根と切り離すと、いい香り。みそや酒と炒めたら、ご飯のおともに絶品です。
 収穫したあとは根を掘り起こし、植え替えます。ハウスの脇の土を掘り腐葉土を混ぜて、根を寝かせるように並べて、土をかけました。「来年の春には立派なフキになるよ」とSさん。筋をスーッととって、だしで煮たフキが大好物、成長が楽しみです。
 お隣のミョウガの根もいっしょに植え替えました。太くて、色白美人な根っこです。Sさんが「ミョウガの根なんて見たことないだろう」と言います。いえいえ、根どころか、土から顔出す姿だって見たことありません。なにせ都会っ子なのですよ、私。
 Sさんの畑にあるハウスは、農業が趣味の内科医、獣医師、競馬の騎手、農業という未来図を描くベンチャー企業の副社長、元教員、保険外交員などいろいろな人が訪れます。ハウスの修理や養鶏小屋づくり、Sさんの猫の往診、思い思いに時間を過ごしあと、Sさんの料理とそれに合うお酒をたしなみ、おしゃべりをします。時がゆったりと流れるぜいたくな空間です。(えつ)

ガッテン!ガッテン!ガッテン!

2017-02-10
ガッテン!
水曜日の夜はガッテン!今週のガッテンは、血管若返り術でした。注文がわんさかくるかしら、とちょっと期待しちゃうわけです。
なぜならば、食べもの通信2017年2月号も「血管を丈夫にして突然死を防ぐ」とリアルタイムにかぶっているではありませんか。こちらも血管の若返り術、血管強化トレーニングを紹介しています。3つの基本をおさえるだけで、みるみる血管が若返ってくる・・・・かも。おススメですよ~~~ん。ご注文お待ちしております♪(ゆ)
 
 
 
 
0
4
8
0
5
7
TOPへ戻る