食べもの通信社 食べもの通信 家庭栄養研究会
本文へ移動
RSS(別ウィンドウで開きます) 

2019年編 Dr.古藤のわくわく家庭菜園術をやってみた③

2019-07-01
エダマメの赤ちゃんが誕生か!?
 苗植えから4週間
 小さな小さなエダマメの房を発見! 茎の丈は40㎝ぐらいですが、よく見るとあちらこちらになっています。 オクラは相変わらずのんびりしています。シソは種をまいて4週間、こちらもゆ~っくり育っています。パクチーは種まきして2週間超、やっと芽が出てきました。(えつ)
オクラはやっと本葉5枚…
シソは最終的に1本にする予定です

『食べもの通信』のレシピを作ってみた ー3ー

2019-06-30
つぶやきファンのみなさん、こんにちは。
『食べもの通信』のレシピを作ってみたの第3弾。7月号のおかわりちょうだいから「蒸しようかん」を作ってみたよん。
 
作り方を読むと、あんこと上新粉と片栗粉を混ぜて容器に入れて蒸せばできあがり!!とっても簡単。失敗なんてしたくてもできないでしょう、メガネもしたし、濃縮だしは使わないし・・・。
 
しかし、がびちょーーーん。できあがったのは、『食べもの通信』にある写真のような蒸しケーキ状態ではなく、ただのあんこのかたまりみたいな仕上がりに。そして、お味もざらざらとした粉をまぜたあんこ。なぜ?なぜ?なぜ?なぜ、こんなことに??
 
そんなわけで、よーーーく手順をおさらい。こしあん一袋300g。これの半分ねーーーと、いちいち計るのメンドーーで、だいたい袋を半分にしたくらいの量、こんなもんかなーーとあんこをボウルにいれたのが、そもそもの敗因か??そして、あんこと上新粉、片栗粉を混ぜ合わせたあと・・・・、うん?いまよーーーく読んでみるとへらから落ちるくらいの固さと書いてある。まったくそんなの気にしなかったよ。ただ、まぜまぜしただけーーー。
 
はぁーー、またしてもおもい通りのものはつくれず・・・・。つまみ食いの魔の手は伸びるが「粉っぽいあんこだねーーー」の一言でそれ以上はおススメしてもつまんでもくれないし・・・。うーーーっ、とりあえず、簡単そうでも正確に計って作ることをおススメします。(ゆ)
 
 
あんこと上新粉をまぜまぜ
あんこと上新粉をまぜまぜ
できあがりの蒸しようかん
できあがりの蒸しようかん
蒸しようかんをつまみぐい
蒸しようかんをつまみぐい

2019年編 Dr.古藤のわくわく家庭菜園術をやってみた②

2019-06-26
エダマメは白い花がつきました。6月号のDr.古藤のページにあったイラストとそっくりです
 苗植えから3週間
 エダマメに白い蕾がついてきました。これが開花状態なのか、パッと開くのか、不明です。もうしばらく静観します。Dr.古藤の言うとおり、エダマメの生長は早いです。比較して、オクラはの~んびり。やっと4枚目の本葉が開いてきました。ああ、早く食べたいな~。(えつ)

子どもの斜視が、、、、

2019-06-18
『食べもの通信』と新聞記事
つぶやきファンのみなさん、こんにちは。
さて、先日の新聞で子どもの斜視について取り上げられていました。自慢じゃないですがーーーー、『食べもの通信』2018年10月号では、すでにそれについて問題を提起しておりますよ!!
新聞記事をみたときは、きたーーーーーぁ、キタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!
そして、TVのニュースでも取り上げられていました。
再び、キタ━━━(Д゚(○=(゚∀゚)=○)Д゚)━━━!!!
スマホはとっても便利ですが、長時間見続けないように気をつけたいものですね。
詳細は、『食べもの通信』2018年10月号を読んでみてくださいね。(ゆ)
 
 

2019年編 Dr.古藤のわくわく家庭菜園術をやってみた①

2019-06-17
写真上から4種類のエダマメの苗、オクラの苗
『食べもの通信』の「Dr.古藤のわくわく家庭菜園術」は連載2年目に突入し、読者の皆様から「参考にします」「連載タイトルどおり、収穫をわくわく待っています」など多くの感想をお寄せいただいています。
そこで、編集スタッフの「やってみたシリーズ」も昨年に続き、追いかけます。
 
1回目
 昨年、収穫が楽しかったオクラにことしも挑戦します。昨年は種から育てましたが、ことしは苗からチャレンジします。
 農家の方に「エダマメは虫がたくさんつくので農薬なしでは無理。売っている枝豆はたくさん薬をまいてるぞ」と言われ、エダマメを買えなくなっていました。そんな折、Dr.古藤がエダマメのプランター栽培術を執筆(6月号)してくれたので、さっそくチャレンジします。こちらも苗からのスタートです。
 うまく育ちますように。。。(えつ)
0
5
9
9
7
0
TOPへ戻る