食べもの通信社 食べもの通信 家庭栄養研究会
本文へ移動
RSS(別ウィンドウで開きます) 

うーーーーーっ

2021-07-27
つぶやきファンのみなさん、こんにちは。

食べもの通信編集部は9月号の制作真っ最中です。8月号が出たばかりなのに。。。。9月号の入稿は、いつもより早いのです。なので、大忙し。溶けてしまいそうな暑さ、ぐでぐでしながら昼夜問わずの作業が続いています。

そんななか、背筋も凍る、、、、ヤツがが、突如目の前に現れました~。

カサカサカサッ、、、、、、。

うぎゃーーーーーー!!でたーーーっ。

そう、ヤツです、、、。

とりあえず、撃退。疲れた、、、、。(ゆ)






新刊本 乞うご期待!

2021-07-21
 単行本『伝統の技キラリ! 暮らしを彩る和食器具』の制作が、いよいよ大詰めです。本格始動から3カ月。原稿もゲラも何度も読み返し、匠の技や思いを余すことなく伝えられているかチェックし、データは間違っていないか、表記は統一されているか、たくさんのチェック項目を確認し、不安になっては戻ってまた確認。これを繰り返してきました。
 写真の見せ方や色の調整も繰り返し、「こりはほんとに終わりが来るのか?」と不安になることもしばしば。そんなときは頭をブルブルと振って雑念を追い払い、やるなら登場者にも購入者にも喜んでもらえるものにしなくては! と。ゴールは地道な努力の先にしかない。やっと、やっとここまで来たゾ~。

 連載は目の前で見せていただく匠の妙技や、聞かせてもらうものづくりへの思いが清々しくて楽しくて。「この感動をどうことばに紡ごう」と考えて原稿を書くのも楽しくて。「生きる」の基本にある食を、この国で支えてきた和食器具。それを作る人たちの世界をいままで知らずにきたことの、ああなんともったいことか。連載は読んでくれる方たちとこれらを共有できることが本当にうれしい。が、雑誌の連載。書けるスペースは限られ、しかもモノクロ写真。やはり実物に近い形で見てほしいっ。
 大詰めを迎えて思うのは、やっぱり「余すことなく伝え切れているか?」なのですが、ゲラに目を通してくださった匠たちからのことばがじわじわと、確信の色を濃くしていきます。
 日本の各地で連綿と受け継がれ、この時代だからこその輝きが加味された和食器具とその作者たちが織り成す世界をぜひ、お楽しみください。(えつ)



スタッフのつぶやきというかぼやきです。

2021-07-20
つぶやきファンのみなさん、こんにちは。
暑いですね。東京はめちゃめちゃ暑いです。熱中症アラートなんていうのもでちゃったりしてやばいです。
運動は極力しないようにしましょうね、な~んて言っているのに、どこかでは大々的なお祭り騒ぎがあるらしい。
いろんなことに矛盾を感じてしまう今日この頃。

コロナウイルス感染拡大予防のため、本屋さんに行くこともままならない。『食べもの通信』を読みたくて読みたくうずうずしているみなさまに、少しでも早くお届けしようと私たち出版社も届けてくださる方たちも日々がんばっているのですが。

なんとか優先レーンとか、なんとか優先道路とか、なんとかに関係ない人は通行料マシマシね~↑ ↑とか、なんとかに関係ない人はここは通ってはいけません、な~んていうこともありまして。 

・・・・・てな状況です。しばらくお待ちくださいませ。

ほんとに、勘弁して欲しい、、、、。(ゆ)










私でいいんですか…(汗)。

2021-06-18
スタンプで必死の形相をごまかしておきます。持ち方も、このときはかなりアヤシイ…。
「えーっっっ。いやいや…。無理です…」

ある日、取材のカメラマンを依頼されて動揺しました。何においてもセンスの欠片もないのに。料理を作ったはいいけど、盛り付けがいつも決まらない。黒い服をカッコよく着たいけど、とにかく似合わない。知人たちに「S(私のこと)に頼むなんて、勇気あるねぇ」とまで言われましたが、その言葉に火がついた…ともならず。

でもせっかくだから、できる限りやってみよう。

そう思って、毎日カメラに触れることを決意。朝起きたらまずは電源を入れて、その辺のものを撮影(そして、部屋の汚さに愕然…)。休みの日は景色がキレイなところへ出かけて撮る。ひたすらそれを繰り返しました。

そして当日。変な汗をかきましたが、使えるものがなんとか撮れたようです。その写真はきっと、月刊『食べもの通信』8月号で出てくるはず。出てきますように…!(ひたすら祈る)

それにしても、うちの会社はいろんなことを任せてくれて、本当に嬉しいです。カメラもまた機会があったら、頑張ってみよーっと。(S)

単行本編集、頑張っています!

2021-06-14
こんな手書きラフを見て、想像以上のものを作ってくれたデザイナーさん…。もー、最高ですっ!
今日も朝から子どもたちを叱ってしまいました。兄弟で戦いごっこをしていて、目を離したすきに弟が兄を押してしまい、兄は網戸に激突! 二人ともケガはないとわかったので、容赦なく激怒しました。ボロボロに破れた網戸…(涙)。

ところで、先日のこと。
「うわぁー、素敵♡」
デザイナーさんから届いた案を見て、思わず叫んでしまいました。

『食べもの通信』7月号の校了を迎え、すこーし落ち着いている編集部内。今、私は豆腐レシピ本の編集に携わっています。月刊誌で連載中のコーナーをオールカラーにし、すべて組みなおした形。今回、悩んだ末に手書きラフを4種類作ったところ、デザイナーさんが意図をくみ取ったうえで、はるかに優れたものを作ってくれたのです♬

こういう本を作るのが夢だったので、嬉しくてたまりません。編集部内でも歓声が上がり、ますますニヤニヤしている今日この頃。でもこれからが大変! 皆さんに助けていただきながら、気を引き締めて進めていきます(秋の刊行予定)。

ちなみに、豆腐料理本の前には『伝統の技キラリ! 暮らしを彩る和食器具』の単行本が出ますよー(こちらもオールカラー)。先輩がとっっっても頑張っておられます。お楽しみに!(S)
自然災害により被害を受けられた皆様に心からお見舞い申し上げます。ご健康に留意され、一日も早く復旧されますことをお祈り申し上げます。
0
9
1
0
6
7
食べもの通信社への地図
TOPへ戻る