食べもの通信社 食べもの通信 家庭栄養研究会
本文へ移動

『食べもの通信』6月号が出ました!

2021-05-24
前号までとは、ほんのすこーし変えてみました。さてどこでしょう?
今日は月曜日。みなさま、週末はゆっくりできましたか? 静かに過ごすのが苦手な私は、朝からジョギング→英語レッスン→トランポリンジム→晩ご飯を作りながらお酒を飲む…という、健康的だか不健康だかよくわからない土日でした。でも昨夜は19時には爆睡し、気がついたら朝の5時! きっと健康的に過ごせたということでしょう

そんな週末。近所で、全国の有名なパン屋さんが一堂に会するフェアをやっていました。ご飯大好きなのですが、「焼きたて」という文字が目の前に飛び込んできて、お店の前にフラフラと…。

案内を見ると「本当に体に良いものを」という文言が。マーガリン・ショートニング・イーストフード・乳化剤・卵は一切使っていないとのこと。ほかにも国産原材料のみ使用など、食材への強いこだわりを感じました。なかなかのお値段でしたが、見るからにおいしそうな食パンだったので購入!

帰宅して少しいただくと、ふわっと軟らかくてもう絶品! あまりのおいしさに止められず、誰もいない台所でこっそり食べ続けてしまいました…。それはもう、幸せなひとときでございました。

情報過多な現代。一人ひとりが確かな目をもち、取捨選択できるようにならねば。『食べもの通信』もその一助となれば、とても嬉しいです。

そんな月刊誌『食べもの通信』、6月号が出ました! 今回は、よく噛んで食べることの大切さを特集しています。ぜひお手に取ってみてくださいね。(S)
 『食べもの通信』は、安全な食べものと、日本の食文化に根ざした健全な食生活と平和への願いから出発しました。あなたの疑問に答え、ともに学び、暮らし方を問い直し、考えあう雑誌です。
 今、地球の環境破壊が進んでいます。さらに、3.11以降は、未曽有の放射能汚染も続いています。
そして、戦火の火種がくすぶり続け、平和な生活が脅かされています。
 かけがえのない命が守られ、健康に生きることは、私たちの権利です。私たちは「心と体と社会の健康を高める食生活」を実現するために次の5つの視点で提言しています。

1.安全性 子どもたちの健康と未来のため、「食」の安全に配慮しましょう。
2.健康・栄養 自然のリズムに沿った健康的な「食」をめざしましょう。
3.食文化 日本の風土に根ざしたお米を中心とする食文化を大切にしましょう。
4.食教育 食と「いのち」のつながりを学べる、食教育を実践しましょう。
5.食糧自給 平和・環境を大切にし、生産者と消費者が手を結び食料自給を高めましょう。


1
1
3
0
8
1
食べもの通信社への地図
TOPへ戻る