食べもの通信社 食べもの通信 家庭栄養研究会
本文へ移動

すり鉢専門 ヤマセ製陶所に取材に行きましたっ

2020-10-28
 皆さま、いかがお過ごしですか?
 さて、『食べもの通信』に連載中の「伝統の技キラリ! 和食器具」の取材で、愛知県常滑市に行ってきました。
 訊ねたのは明治創業の窯元、ヤマセ製陶所。伊勢湾から目と鼻の先にある工場(こうば)は、ツタが絡まるレンガ造りの大きな煙突が正面で出迎え、まるでジブリ映画に迷い込んだよう。2階建ての工場内は作業台やラックに大小さまざまなサイズのすり鉢と石膏型が、所狭しと並んでいます。
 取材を始めると、すぐに始業を知らせる大きなブザー音が鳴り響きました。職人が10人いた当時の名残だそう。いまは親子2人で切り盛りしていますが、かつての活気が目に浮かぶようでした。
 ずっと欲しくて探していたすり鉢。さまざまな形状のすり鉢が出回っていますが、やっとたどり着いたすり鉢はとってもシンプルです。このシンプルさに、70年すり鉢を作り続けてきたヤマセ製陶所の技と心意気が詰まっていました。
11月号、ぜひ、お楽しみに!(えつ)
0
6
0
0
6
2
TOPへ戻る