食べもの通信社 食べもの通信 家庭栄養研究会
本文へ移動
RSS(別ウィンドウで開きます) 

枝豆の成長日記【その1】

2022-05-18
家のベランダが、急ににぎやかになってきました。

今までは子どもの自転車やキックボードなどが置かれていました。しかし、この1カ月でプランターが3つも…。それもそのはず。3月新刊『無農薬でつくりたい!はじめてのプランター菜園』の編集に携わり、野菜づくりにハマってきたから(はい、本の宣伝です)。

見てください、この枝豆のタネの成長っぷりを!

あまりにも元気なので、間引きをためらうこと数日。大きなプランターへの植え替えを考えて、今度また近所のホームセンターに行くことにしました。とはいえ、元気のない子は本書のとおりにハサミで間引き。少し心が痛んだような…

これはこの夏が楽しみ~。とれたての枝豆をゆでて、ビールで乾杯しまーす♪(S)

追伸:タイトルに【その1】と入れてしまった…。これは【その2】もあるってことですね←自分へのプレッシャー

縁遠かったエンドウさんたち。いまでは…

2022-05-02
5月、エンドウさん最盛期です。サヤエンドウは鍋がいっぱいになる量を収穫できました。同じエンドウさんでもスナップエンドウさんは越冬に難儀し、ちょっとだけの収穫。ほかに脇芽のブロッコリー、リーフレタス、ヒョロヒョロシュンギク(品種名ではありません)、ミツバも。畑を始めるまではエンドウさんとは縁遠かったけど、おいしいんですね~。強い抗酸化作用のあるカロテンがたくさんとれて、動脈硬化や心筋梗塞などから守ってくれて、そしてそして皮膚や粘膜の細胞を正常に保ってくれるそう。ビタミンB1やB2、ビタミンCも豊富♪ 畑でちょっとした大けがをしたので、いっぱい食べて早く治そう~。

さっとゆでて熱をとり、おだしとしょうゆ、みりんとお酒を沸騰させて冷ましたところに入れておきます。ここにさっとゆでて水に浸けたミツバも入れて、小腹が空いたときにシャリシャリと食べます。スナップエンドウは軽くゆでたらそのままポリポリ。甘くておいしい~。

さてさて、GWは夏野菜の苗の植えどきです。収穫までしっかり面倒見なきゃ、です。皆さんは夏野菜、何を植えるのでしょうか。【え】
 

このこの名前は?

2022-04-25
つぶやきファンのみなさん、こんにちは。

2022年4月号の特集、「予防原則」が食の安全を守るが大好評です。
なにがって、とても読みやすく、わかりやすかった~、と。
そんなご感想に一役買っているのが、この特集のナビゲーターを務めている
写真のキャラクターなんです。

このキャラクターの名前は?プロフィールは?っていう
お問い合わせもあったりなんかして。
こっそり教えちゃいますが、実はこのキャラクターの得意技は、花粉飛ばしなんですね。
そんな得意技は特集のページでは発揮されていませんでした。
うーーっ、残念。

それで、名前がないのも悲しい感じなので、名前が欲しいという、皆さんのご要望に
お応えして名前を大募集します。
気になる名前があったら、どしどしご連絡くださいな~。まってまーーーす。(ゆ)











芽が出た―!

2022-04-15
新刊『無農薬でつくりたい!はじめてのプランター菜園』が無事完成! 2~3月は「本ができた暁には、プランターでの野菜作りを再開しよう」と自分に言い聞かせ、編集作業に没頭していました。

そして先日、近所のホームセンターで土やプランターを購入し、晴れている日にベランダでまいてみたのです。すると、1週間もしないうちにこんなに芽が!

えーっと。おそらく…(以下、言い訳がつづきます)。
予想より芽がたくさん出たのは、種をまく筋に「1粒残さずまくぞー」と気合を入れてバーーーッとまいたからです。種まき1つとっても、性格って出るんですね←おおざっぱ

しかも、これは「あまーいニンジン」か「小粋菜カブ」のどちらかがわからない。あとで「あれっ、どっちだっけ?」と気づいたものの、「まぁいいや。芽が出たらわかるでしょ」と思ってしまい…←やっぱりおおざっぱ。そのあとあわてて調べました。

でも、こんな自分でも毎朝お水をあげていると気持ちがほっこりします。こういう時間って大事ですね。これからも大切に育てていきたいと思います。(S)
著者・古藤さんからいただいた種を社内で分けました。
かわいい芽!これからどうなっていくのかな。

心も春うらら

2022-04-12
 『食べもの通信』4月号の岡田晴恵・白鷗大教授の巻頭インタビューに、読者の皆さまから多くの反響が寄せられました。ありがとうございます(*´▽`*)。 岡田先生から「励まされます」とのお礼とともに左下の写真が送られてきました。白鷗大で顧問をされている野球部の試合を見に行き、白鷗球場で見つけたとのことです。
 右下の写真は読者の方が送ってくださった写真です。「北海道にしかすんでいないシマエナガです。スズメより小さい小鳥です。心なごみ、お仕事が進みますように」とのメッセージが添えられていました。
 どちらも優しい気遣いが伝わる写真です。春のうららかな陽射しが心にも降り注ぐようです。食べもの通信社編集部は5月号の編集作業を終え、きょうはほっと一息の一日です。【え】
 

 『食べもの通信』は、安全な食べものと、日本の食文化に根ざした健全な食生活と平和への願いから出発しました。あなたの疑問に答え、ともに学び、暮らし方を問い直し、考えあう雑誌です。
 今、地球の環境破壊が進んでいます。さらに、3.11以降は、未曽有の放射能汚染も続いています。
そして、戦火の火種がくすぶり続け、平和な生活が脅かされています。
 かけがえのない命が守られ、健康に生きることは、私たちの権利です。私たちは「心と体と社会の健康を高める食生活」を実現するために次の5つの視点で提言しています。

1.安全性 子どもたちの健康と未来のため、「食」の安全に配慮しましょう。
2.健康・栄養 自然のリズムに沿った健康的な「食」をめざしましょう。
3.食文化 日本の風土に根ざしたお米を中心とする食文化を大切にしましょう。
4.食教育 食と「いのち」のつながりを学べる、食教育を実践しましょう。
5.食糧自給 平和・環境を大切にし、生産者と消費者が手を結び食料自給を高めましょう。


1
0
6
1
0
8
食べもの通信社への地図
TOPへ戻る