食べもの通信社 食べもの通信 家庭栄養研究会
本文へ移動

【読者アンケートより】2011年8月号より

2011-08-24
●とてもうれしい8月号の〝野菜の底力〟
京都府与謝郡の読者さん
8月号の特集は、野菜は体に良いということがきちんと説明されていて、とてもとてもうれしかったです。
とくに、11ページの「スープにすると」では、昨年7月号の辰巳芳子さんの「いのちのスープ」を思い出し、野菜スープを日常に生かす工夫をもっとしなければ、と思いました。
 
●想像どおりの『食べもの通信』
東京都三鷹市の読者さん
広告を見て、8月号を買いました。『食べもの通信』という名前から想像したとおりの内容でした。
特集のファイトケミカルと野菜スープについては、分かりやすく、胃腸の弱い私に、直ぐに役立つ内容でした。
キム先生の「ロコモティブシンドローム予防」も役立ちましたし、安斎育郎さんのインタビュー記事は、心に残りました。
 
●オール電化・IHの問題 もっと早く知っていれば
鳥取市の読者さん
5年前に建てたわが家は、オール電化で、IHクッキングヒーターを使っています。当時は何の知識もなく、ハウスメーカーの方からの「光熱費が断然お得!」とのすすめで、深く考えずに決めました。
片付けや掃除も楽だし、満足はしていました。また、IHは火を使わないから安全、と思っていましたが、そうではなかったのですね。7月号の特集を読んだ今だったら、ガスにしていたと思います。
とはいえ、今からガスに変える余裕などなく、残念です。もっと早く知っていたら……。
 
●わが家の台所からも化学物質が……
愛知県額田郡の読者さん
家を新築して6年、わが家もIH調理器を使っています。火を使わずに済むので、夏、暑さがしのげるのはありがたいのですが、いつも電磁波を意識せねばならず、ガスコンロのほうがよかったなと思っています。
また、〝安全な〟木の家を建てたつもりでしたが、7月号の特集で、わが家の台所からも有害な化学物質があちこちから発生していることを知って、驚きました。
少しずつ改善していこうと考えています。
 
●原発止められず〝自責の念〟
東京都葛飾区の読者さん
環境グループの一員として、以前から原発から出る放射線微粒子を警告し、廃炉を訴えてきましたが、ついに間に合わず、福島原発は、今回の大事故を起してしまいました。
正直に生きてきた老齢の仲間たちには、自分たちが止められなかったので、多くの人々にこの災害をもたらしてしまった!と、〝自責の念〟を感じている者も多いのです。
 
●世界中の科学者の力で早く収束させてほしい
大阪市池田市の読者さん
福島原発の放射線が今も出続けていることが心配です。世界中の科学者の力で、早く収束させてほしい。
また、福島の方々が、1日も早く、安心して農業・漁業に従事できるよう、心から祈っています。
0
6
5
5
8
7
TOPへ戻る