食べもの通信社 食べもの通信 家庭栄養研究会
本文へ移動

2019年バックナンバー

注目僅少食べもの通信 2019年5月号No579 ⇒ 購入はここをクリック
  • 食べもの通信 2019年5月号
    食べもの通信 2019年5月号
  • 食べもの通信 2019年5月号
    食べもの通信 2019年5月号目次
  • 特集
    食べもの通信 2019年5月号特集
    • 食べもの通信 2019年5月号
    • 食べもの通信 2019年5月号
    • 特集

植物乳酸菌の健康のパワー 腸まで届き、腸を元気に!

食べもの通信 2019年5月号No579 ⇒ 購入はここをクリック

販売価格500円(税込)
食べもの通信 2019年5月号

インタビューは全日本おばちゃん党代表代行の谷口真由美さん。固いイメージの法学者ながら、テレビの情報番組ではユーモアを交えた鋭い
コメントで知られ、その親しみやすさで、政治を身近に引き寄せる「全日本おばちゃん党代表代行」を務めています。政党ではなく、「男(オッサン)社会」の弊害が渦巻くいまの日本を「おばちゃん」の
目線で揶揄しながら、「だれもが人間らしく生きられる社会」への共感を広げています。

食べもの通信 2019年4月号
 
               
特別企画
「種子法」廃止で農と食が危ない!
種子を利益優先の企業からとり戻すために
 
●シリーズ食の安全・安心
感熱紙のレシート9割に
環境ホルモン「ビスフェノールA」
家庭栄養研究会顧問 蓮尾隆子
 
●いま知りたい!水上治先生のがん講座⑥
軽い運動と筋トレはがん予防、
再発リスクを低減
健康増進クリニック院長 水上 治
 
ほか
その他商品
 『食べもの通信』は、安全な食べものと、日本の食文化に根ざした健全な食生活と平和への願いから出発しました。あなたの疑問に答え、ともに学び、暮らし方を問い直し、考えあう雑誌です。
 今、地球の環境破壊が進んでいます。さらに、3.11以降は、未曽有の放射能汚染も続いています。
そして、戦火の火種がくすぶり続け、平和な生活が脅かされています。
 かけがえのない命が守られ、健康に生きることは、私たちの権利です。私たちは「心と体と社会の健康を高める食生活」を実現するために次の5つの視点で提言しています。

1.安全性 子どもたちの健康と未来のため、「食」の安全に配慮しましょう。
2.健康・栄養 自然のリズムに沿った健康的な「食」をめざしましょう。
3.食文化 日本の風土に根ざしたお米を中心とする食文化を大切にしましょう。
4.食教育 食と「いのち」のつながりを学べる、食教育を実践しましょう。
5.食糧自給 平和・環境を大切にし、生産者と消費者が手を結び食料自給を高めましょう。


1
1
3
0
7
9
食べもの通信社への地図
TOPへ戻る