食べもの通信社 食べもの通信 家庭栄養研究会
本文へ移動

2011年バックナンバー

注目僅少食べもの通信2011年2月号 No480
  • 2011年2月号
    2011年2月号
    • 2011年2月号

食べもの通信2011年2月号

食べもの通信2011年2月号 No480

販売価格500円(税別)
 
                       目次
特集 
甘いチョコレートの苦い現実 
“バレンタイン症候群”
アレルギー症状の引き金に
◆チョコレート 20年で消費4割増に 
添加物、トランス脂肪酸多い“チョコ菓子”
ライター 石川マキ
◆アレルギー悪化原因の横綱クラス 
増えるバレンタイン症候群
さもり小児科院長 佐守友仁
◆キャロブのスイーツレシピ 
ノンシュガー!安心・ヘルシーなお菓子 
Wole Food協会 タカコ・ナカムラ
◆西アフリカ 28万人の児童がカカオ生産に 
広がる支援のフェアトレード
NGO・ACE事務局長 白木朋子
・・・・・・・・・・・・・
◇Interview 現代食卓考 
薬食同源でパワフル
歌手 キム・ヨンジャさん
歌と料理で日韓のかけ橋に
◇2月の旬「キウイ」 生活評論家 境野米子
◇ひびき 
継承したい二千年来の大豆文化
多様な加工、発酵食品をはぐくむ
家庭栄養研究会顧問 堀井正治
◇シリーズ食の安全性を考える 番外編 
携帯電話は安全か?①長時間使用で脳腫瘍
「頭を電子レンジに当てる」と同じ!?
ジャーナリスト 矢部 武

[隔月連載]
◇キム先生のアンチエイジングエクササイズ⑩ 
ストレッチで足の“つり”を予防
東京都健康長寿医療センター研究所 金 憲経
◇アレルギー&化学物質過敏症のページ 
相談窓口から㊦
不登校、発達障害の背景にも化学物質過敏症
CS支援センター事務局長 広田しのぶ
◇食のかけ橋 日本の産地から⑰ 
伝統の江戸東京野菜を復活
直売所、給食で地産地消を推進
東京都小金井市・井上誠一さん

◇チャレンジ!手作り! 
雑穀ご飯で作る 甘酒と甘酒キムチ
つぶつぶクリエーター ゆみこ
◇子どもの食事 おかわりちょうだい !! 
高野豆腐の肉詰め煮、
コマツナと油揚げの煮びたし、根菜汁
埼玉・くわの実保育園 
◇子どもの給食 
自校直営給食こそ子どもたちをはぐくむ
東京都・学校給食を守る小平連絡会
[隔月連載]
◇季節と出合う 摘み草を楽しむ⑥ 
フキノトウ、ハコベ
つみ草研究家 福島誠一
◇ベネズエラ・食料主権で国づくり!① 
まだ残る大土地所有制 農業改革をめざして
農民運動全国連合会 齋藤敏之
◇読者の疑問にお答えします 
おでんの練り製品の中身が心配です
家栄研編集委員会
読者の宿・店 原村 ペンション 木の靴
情報トピックスほか
 『食べもの通信』は、安全な食べものと、日本の食文化に根ざした健全な食生活と平和への願いから出発しました。あなたの疑問に答え、ともに学び、暮らし方を問い直し、考えあう雑誌です。
 今、地球の環境破壊が進んでいます。さらに、3.11以降は、未曽有の放射能汚染も続いています。
そして、戦火の火種がくすぶり続け、平和な生活が脅かされています。
 かけがえのない命が守られ、健康に生きることは、私たちの権利です。私たちは「心と体と社会の健康を高める食生活」を実現するために次の5つの視点で提言しています。

1.安全性 子どもたちの健康と未来のため、「食」の安全に配慮しましょう。
2.健康・栄養 自然のリズムに沿った健康的な「食」をめざしましょう。
3.食文化 日本の風土に根ざしたお米を中心とする食文化を大切にしましょう。
4.食教育 食と「いのち」のつながりを学べる、食教育を実践しましょう。
5.食糧自給 平和・環境を大切にし、生産者と消費者が手を結び食料自給を高めましょう。


1
0
8
9
2
7
食べもの通信社への地図
TOPへ戻る