食べもの通信社 食べもの通信 家庭栄養研究会
本文へ移動

2011年バックナンバー

在庫なし食べもの通信2011年6月号 No484
  • 2011年6月号
    2011年6月号
    • 2011年6月号

食べもの通信2011年6月号

食べもの通信2011年6月号 No484

販売価格500円(税別)
 
                       目次
特別企画
東日本大震災
いのちと食の危機 第2報
◆避難所の食事改善―栄養士、調理員の配置を
家栄研編集委員会
◆放射能検査体制は圧倒的に不足
食糧問題研究家 小倉正行
◆チェルノブイリ原発事故25年①
深刻な子どもたちの先天異常
家栄研編集委員会
◆高い校庭の被曝量基準値、子どもが危ない!
家栄研編集委員会
◆母乳から微量のヨウ素、セシウム
家栄研編集委員会
特集
腸のデトックス(排毒)力に注目!
便秘解消で放射線から身を守る
◆放射性物質、有害物質の排毒を早く
編集委員会
◆腸こそ免疫力の要 
北大医学部教授 岩永敏彦
◆便秘を治してデトックス
松生クリニック院長 松生恒夫
◆呼吸法の呼吸法の改善で腸力をつける
荒井塾塾長 荒井義雄
◆食物繊維たっぷりで便秘解消 
元東京医療保健大学教授 野口節子
◆避難所トイレ環境の改善を早急に
日本トイレ研究所
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇Interview 現代食卓考
被災者にラジオで“安心感”を届けて
フリーアナウンサー 大沢悠里さん
◇6月の旬「サクランボ」―境野米子
◇ひびき
次世代のために“脱原発”を
家栄研役員 鈴木勢子
◇キム先生のアンチエイジングエクササイズ⑫
踏み台を昇り降りするステップ運動
東京都健康長寿医療センター研究所 金 憲経
◇免疫力アップでいきいき! 第13回
がん治療・再発予防の食事療法④
原則②-2 動物性脂肪の制限
西台クリニック院長 済陽高穂
◇チャレンジ! 手作り!
梅ジュースと梅干し
東京都 栗原澄子
◇子どもの食事 おかわりちょうだい!!
神奈川県座間市・麦っ子畑保育園
〔隔月連載〕
◇子どもの貧困 食と健康⑤ 歯科衛生士から
幼児のむし歯から見える食と育児環境の悪化
相互歯科 清田真子
◇季節と出合う 摘み草を楽しむ⑧
ノビル、ワラビ
摘み草研究家 福島誠一
◇インドネシア バリ島通信①
震災にバリ全島民あげて神々に祈り捧げる
バリの森を考える会代表 光森史孝
◇読者の宿・店 福島県農民連 産直カフェ
◇長野県栄村から 震災復興に「結い」誕生ほか
 『食べもの通信』は、安全な食べものと、日本の食文化に根ざした健全な食生活と平和への願いから出発しました。あなたの疑問に答え、ともに学び、暮らし方を問い直し、考えあう雑誌です。
 今、地球の環境破壊が進んでいます。さらに、3.11以降は、未曽有の放射能汚染も続いています。
そして、戦火の火種がくすぶり続け、平和な生活が脅かされています。
 かけがえのない命が守られ、健康に生きることは、私たちの権利です。私たちは「心と体と社会の健康を高める食生活」を実現するために次の5つの視点で提言しています。

1.安全性 子どもたちの健康と未来のため、「食」の安全に配慮しましょう。
2.健康・栄養 自然のリズムに沿った健康的な「食」をめざしましょう。
3.食文化 日本の風土に根ざしたお米を中心とする食文化を大切にしましょう。
4.食教育 食と「いのち」のつながりを学べる、食教育を実践しましょう。
5.食糧自給 平和・環境を大切にし、生産者と消費者が手を結び食料自給を高めましょう。


1
0
8
9
2
6
食べもの通信社への地図
TOPへ戻る