食べもの通信社 食べもの通信 家庭栄養研究会
本文へ移動

2011年バックナンバー

在庫なし食べもの通信2011年8月号 No486
  • 2011年8月号
    2011年8月号
    • 2011年8月号

食べもの通信2011年8月号

食べもの通信2011年8月号 No486

販売価格500円(税別)
 
                       目次
特集
ファイトケミカルで免疫力アップ
健康支える野菜の底力
ファイトケミカル 
◆抗酸化作用のエース
野菜のパワーをいただく
公立宮城大学教授 津志田藤二郎
ファイトケミカル
◆がん・放射線を防ぐ強い味方
野菜スープに効能あり
麻布医院院長 高橋 弘
◆老化やがんを防ぐ抗酸化物質
“ファイトケミカル”Q&A
元東京医療保健大学医療栄養学科教授 野口節子
◆7色野菜のパワー
いろいろな野菜をいただこう!
家栄研編集委員会
◆レシピ7色の野菜をたっぷりと! 
家栄研編集委員会
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆Interview 現代食卓考
放射線防護学・平和学者 安斎育郎さん
「国家百年の計」で原発廃止を
■特別企画 東日本大震災 第4報
福島県南相馬市
◆浜通り農産物供給センターからの現況リポート
津波と原発事故で壊滅的被害!
ルポライター 矢吹紀人
◆福島県で子どもの食事相談コーナー担当
家庭栄養研究会
◆放射能から子どもを守りたい!
各地で大気測定や母乳調査求める運動
家栄研編集委員会
◆図で見る体内のセシウム蓄積量
チェルノブイリ原発事故の影響
家栄研編集委員会
◇ひびき
松食い虫都合の悪いデータを隠す行政・企業
家庭栄養研究会地方運営委員 村山 隆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇8月の旬「スイカ」―境野米子
◇キム先生のアンチエイジングエクササイズ⑬
ロコモティブシンドローム予防
東京都健康長寿研究所・研究副部長 金 憲経
◇免疫力アップでいきいき! 第15回
がん治療・再発防止の食事療法⑥
原則④-1玄米・芋類の摂取
西台クリニック院長 済陽高穂
◇チャレンジ! 手作り!
梅酢をベースにドレッシング3種
つぶつぶクリエイター ゆみこ
◇子どもの食事 おかわりちょうだい!
ネバネバ丼、マドモアゼルサラダ、カボチャの蒸しケーキ
神奈川県座間市・麦っ子畑保育園
◇季節と出合う 摘み草を楽しむ⑨
オオマツヨイグサ、ガガイモ
摘み草研究家 福島誠一
◇インドネシア バリ島通信③
自然農法が息づくバリ島“棚田”の絶景
バリ在住 光森史孝
◇子どもの給食
被災地の“完全給食”一日も早く実施を
家庭栄養研究会
◇くらしのMEMO、長野県栄村からほか
 『食べもの通信』は、安全な食べものと、日本の食文化に根ざした健全な食生活と平和への願いから出発しました。あなたの疑問に答え、ともに学び、暮らし方を問い直し、考えあう雑誌です。
 今、地球の環境破壊が進んでいます。さらに、3.11以降は、未曽有の放射能汚染も続いています。
そして、戦火の火種がくすぶり続け、平和な生活が脅かされています。
 かけがえのない命が守られ、健康に生きることは、私たちの権利です。私たちは「心と体と社会の健康を高める食生活」を実現するために次の5つの視点で提言しています。

1.安全性 子どもたちの健康と未来のため、「食」の安全に配慮しましょう。
2.健康・栄養 自然のリズムに沿った健康的な「食」をめざしましょう。
3.食文化 日本の風土に根ざしたお米を中心とする食文化を大切にしましょう。
4.食教育 食と「いのち」のつながりを学べる、食教育を実践しましょう。
5.食糧自給 平和・環境を大切にし、生産者と消費者が手を結び食料自給を高めましょう。


1
0
8
9
2
5
食べもの通信社への地図
TOPへ戻る