食べもの通信社 食べもの通信 家庭栄養研究会
本文へ移動

2017年バックナンバー

在庫なし食べもの通信 2017年3月号 No553
  • 食べもの通信2017年4月号

がん予防の最強食材ニンニク・長ネギ・タマネギ

食べもの通信 2017年3月号 No553

販売価格500円(税別)
食べもの通信 2017年3月号

特集①

■がん予防の最強食材
ニンニク・長ネギ・タマネギのパワー

■ニンニク がん予防効果でトップの食材
世界で証明された免疫細胞の活性化!
弘前医療福祉大学短期大学部教授 佐々木甚一

■長ネギ 体温を上げて免疫力アップ
がん細胞の消去を強化
日本大学名誉教授 医学博士 有賀豊彦

■タマネギ 血糖値、血圧を下げる!
がん抑制、疲労回復にも効果
南越谷クリニック院長 周東 寛

■レシピ ニンニク・長ネギ・タマネギを毎日食卓に
管理栄養士 野口節子

 
最近の食品汚染の状況
■賠償、住宅支援打ち切る国 帰還迫られる原発避難者
■インタビュー 
インターネット放送局代表
白石 草さん
独自の視点で原発問題を追及
●ワッハッハ談義?
のりはご飯のベストパートナー
食文化史研究家 永山久夫
●どっちを選ぶ? こんなに違う加工食品?
ドレッシング 食品評論家 小薮浩二郎
●免疫力アップでいきいき! 百寿者へのいざない?
運動と玄米菜食で免疫力向上! 疲れ知らずに
島村医療介護グループ統括責任者・医学博士・医師 島村善行
●体の痛み 自分でできる改善・予防法?
膝痛編 タイプ別に二つの改善体操
お茶の水整形外科院長 銅冶英雄
その他商品
該当する情報がありません。
 『食べもの通信』は、安全な食べものと、日本の食文化に根ざした健全な食生活と平和への願いから出発しました。あなたの疑問に答え、ともに学び、暮らし方を問い直し、考えあう雑誌です。
 今、地球の環境破壊が進んでいます。さらに、3.11以降は、未曽有の放射能汚染も続いています。
そして、戦火の火種がくすぶり続け、平和な生活が脅かされています。
 かけがえのない命が守られ、健康に生きることは、私たちの権利です。私たちは「心と体と社会の健康を高める食生活」を実現するために次の5つの視点で提言しています。

1.安全性 子どもたちの健康と未来のため、「食」の安全に配慮しましょう。
2.健康・栄養 自然のリズムに沿った健康的な「食」をめざしましょう。
3.食文化 日本の風土に根ざしたお米を中心とする食文化を大切にしましょう。
4.食教育 食と「いのち」のつながりを学べる、食教育を実践しましょう。
5.食糧自給 平和・環境を大切にし、生産者と消費者が手を結び食料自給を高めましょう。


1
1
3
0
8
1
食べもの通信社への地図
TOPへ戻る