食べもの通信社 食べもの通信 家庭栄養研究会
本文へ移動

2013年バックナンバー

在庫なし食べもの通信2013年1月号 No503
  • 2013年1月号
    2013年1月号
    • 2013年1月号

食べもの通信2013年1月号

食べもの通信2013年1月号 No503

販売価格505円(税別)
 
                       目次
特集
やっぱりすごい!
発酵食品 納豆の健康力
◆納豆大好き!私のこだわり
永山久夫(食文化史研究家)
有元葉子(料理研究家)
◆日本の風土が培った
とてつもない納豆の力
倉敷芸術科学大学生命科学部教授 須見洋行 監修
◆ナットウキナーゼの威力
心筋梗塞・脳梗塞・骨粗鬆症の予防
長寿、抗放射能作用
倉敷芸術科学大学生命科学部教授 須見洋行
◆納豆は日本の伝統食の宝!
安心・安全 納豆を選ぶ4つのポイント
家栄研編集委員会
◆納豆食べ方Q&A
1日1/2~1パックが適量、夜食べると効果的
家栄研顧問・管理栄養士 野口節子
◆「日本の農業を応援したい」
納豆職人の熱い思い
登喜和食品代表取締役 遊作誠
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
特別企画
東日本大震災 いのちと食の危機第18報
福島の学校現場から②
子どもたちに安全な給食を!
福島県教職員 水野洋子
福島の食と暮らしは今⑨
たき火で放射性物質が再浮遊
CRMS市民放射能測定所理事長 丸森あや
・・・・・・・・・・・・・・・・・
Interview 現代食卓考
ボランティア活動を20年
女優 東ちづるさん
「違うことのすばらしさ」を伝えたい
◇くらしの風
「蛇玉水路」の提唱 水道網は生活環境の命脈
生活学×道具学=生活環境設計術研究家 山口昌伴
◇1月の旬「下仁田ネギ」
生活評論家 境野米子
〔連載〕
◇シリーズ食の安全を考える 番外編
本当に体と環境にやさしいシャンプー
オーガニックコスメアナリスト 石川マキ
◇免疫力アップでいきいき!第29回
元気な子どもに育てる③
人間綜合科学大学教授 藤田紘一郎
◇読者の質問にお答えします
塩こうじはなぜ良いのですか?
料理研究家 清水信子
◇食のかけ橋34
古来から生きる日本ミツバチを
豊かな環境とともに守る人びと
山梨県・八ヶ岳南麓日本みつばちの会 柴田武さん
◇チャレンジ!手づくり!
サクラエビを使ったご飯とおかず4品  
日本の伝統食を考える会会員 栗原澄子
◇子どもの食事 おかわりちょうだい!
手作りがんも、ゴボウのみそ煮など
麦っ子畑保育園 大島貴美子
◇ “先どり”食情報
ナイシン抗菌性の食物添加物
漬物に使用拡大の動き
家栄研顧問 蓮尾隆子
◇NY通信②
肥満問題が深刻化するアメリカ
ディロルフ幸子
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇ 私もひとこと・読者会案内
◇ 情報トピックス
◇ 読者プレゼント・くらしのMEMOほか
 『食べもの通信』は、安全な食べものと、日本の食文化に根ざした健全な食生活と平和への願いから出発しました。あなたの疑問に答え、ともに学び、暮らし方を問い直し、考えあう雑誌です。
 今、地球の環境破壊が進んでいます。さらに、3.11以降は、未曽有の放射能汚染も続いています。
そして、戦火の火種がくすぶり続け、平和な生活が脅かされています。
 かけがえのない命が守られ、健康に生きることは、私たちの権利です。私たちは「心と体と社会の健康を高める食生活」を実現するために次の5つの視点で提言しています。

1.安全性 子どもたちの健康と未来のため、「食」の安全に配慮しましょう。
2.健康・栄養 自然のリズムに沿った健康的な「食」をめざしましょう。
3.食文化 日本の風土に根ざしたお米を中心とする食文化を大切にしましょう。
4.食教育 食と「いのち」のつながりを学べる、食教育を実践しましょう。
5.食糧自給 平和・環境を大切にし、生産者と消費者が手を結び食料自給を高めましょう。


1
1
3
0
8
4
食べもの通信社への地図
TOPへ戻る