食べもの通信社 食べもの通信 家庭栄養研究会
本文へ移動

2013年バックナンバー

注目僅少食べもの通信2013年12月号 No514
  • 2013年12月号
    2013年12月号
    • 2013年12月号

食べもの通信2013年12月号

食べもの通信2013年12月号 No514

販売価格500円(税別)
 
                       目次

押しよせる
食のグローバル化
安全も食糧確保も危機に!
あふれる多国籍企業の食品・飲食店
巨大資本の魔の手が忍び寄る日本の食卓
家栄研編集委員会
Q&A不安な輸入食品
これだけは知っておきたい 
家栄研編集委員会
世界は「食料不足」の時代
農地収奪、食料収奪が激化
日本消費者連盟共同代表 山浦康明
食卓にしのび寄る枯葉剤
危険性増す遺伝子組み換え
オルター・トレード・ジャパン政策室 印鑰智哉
極秘裏に進むTPP交渉で
日本の農業の存続が大ピンチに
NPOアジア太平洋資料センター事務局長 内田聖子
世界の農民に広がる食料主権の波
地球環境を守る活動とともに 
農民運動全国連合会常任委員 齋藤敏之
グローバル化よりローカルで
私たちの食べものと命を守ろう
家庭栄養研究会
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
Interview 現代食卓考
『赤毛のアン』日本初の全文訳
作家・翻訳家 松本侑子さん
家庭の幸福は手作りの食事にある

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

特別企画 放射能から命を守る 
土浦からの報告③
3.11後の情勢を乗り越えよう
土浦の自然を守る会会長 奥井登美子
特別企画 市民放射能測定所から⑧
産地と品目では判断できない
まだまだ注意が必要
高崎市民測定所
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
●12月の旬 
「カリフラワー」
生活評論家 境野米子
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
●ひびき
「食と健康」を共通の土俵にすえて
原発被害者が抱える対立的意見を乗り越える
家庭栄養研究会顧問 山崎万里
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
連載●知っておきたい食品表示⑥ 
原産地など何も分からない油の表示
食の安全・監視市民委員会代表・弁護士 神山美智子
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
連載●岩手・釜津田 山里だより⑤
火ごっつぉお、冬のご馳走
三上亜希子
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
連載●見えない有害物質と子どもの健康講座③
プラスチックの乱用に注意
NPO法人ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議理事 水野玲子
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
●免疫力アップでいきいき!第40回
第2弾 免疫力を上げる食材⑧ 香酸柑橘類
麻布医院院長 高橋 弘
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
●免疫力アップ番外編
がん再発予防の食事と生活
酸素と栄養補給でミトコンドリアを元気に
相模原中央病院理事長 中野重徳
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
●チャレンジ!手作り!
酒粕床の作り方と酒粕を使った料理
日本の伝統食を考える会 栗原澄子
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
●子どもの食事 おかわりちょうだい!
根菜を使った料理で冬を乗りきる
たんぽぽ保育園 二宮直子
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
●今月のお役立ちファイル⑥ 
アルコールから脳を守る飲み方
家栄研編集委員会
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
●“先どり”食情報
急速に進む食品添加物の指定増加
家庭栄養研究会顧問 蓮尾隆子
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
連載⑥ ●シネマサロン
『朝日のあたる家』
日本映画復興会議 幹事 平沢清一
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
連載 ●子どもの体と心を元気に育てる
「つむぎ体操」⑥ 金魚体操
NPO法人ムーミンの会 あそびの杜保育園 園長 相馬範子
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
私もひとこと・読者会案内/情報トピックス/読者プレゼント・くらしのMEMO/家栄研だより/2013年総目次/通信社NEWS
 『食べもの通信』は、安全な食べものと、日本の食文化に根ざした健全な食生活と平和への願いから出発しました。あなたの疑問に答え、ともに学び、暮らし方を問い直し、考えあう雑誌です。
 今、地球の環境破壊が進んでいます。さらに、3.11以降は、未曽有の放射能汚染も続いています。
そして、戦火の火種がくすぶり続け、平和な生活が脅かされています。
 かけがえのない命が守られ、健康に生きることは、私たちの権利です。私たちは「心と体と社会の健康を高める食生活」を実現するために次の5つの視点で提言しています。

1.安全性 子どもたちの健康と未来のため、「食」の安全に配慮しましょう。
2.健康・栄養 自然のリズムに沿った健康的な「食」をめざしましょう。
3.食文化 日本の風土に根ざしたお米を中心とする食文化を大切にしましょう。
4.食教育 食と「いのち」のつながりを学べる、食教育を実践しましょう。
5.食糧自給 平和・環境を大切にし、生産者と消費者が手を結び食料自給を高めましょう。


1
1
3
0
8
1
食べもの通信社への地図
TOPへ戻る