食べもの通信2012年7月号 No497
  • 2012年7月号
    2012年7月号
    • 2012年7月号

食べもの通信2012年7月号

食べもの通信2012年7月号 No497

販売価格※在庫なし 545円(税込)
                       目次
特集
ここが心配!学校給食の牛乳
子どもの健康に本当に良いのか
◆なぜ毎日給食に牛乳が付くの?
家栄研編集委員会
◆思春期以降のカルシウム不足が問題
牛乳の替わりに小魚・豆類・葉菜を
関西大学教授 吉田宗弘
◆大量の女性ホルモン含む現代の牛乳
子どもの成長にさまざまな影響
元山梨医科大学教授 佐藤章夫
◆日本人の体質になじみにくい牛乳
アレルギー低減にご飯とみそ汁給食を!
かくた子ども&アレルギークリニック院長 角田和彦
◆効率と利便性を求め
過酷な大量搾乳・超高温殺菌
蓮尾隆子/石川マキ
◆開示されない放射能汚染の情報
家栄研編集委員会
◆〈実践〉和食献立にはお茶を!
元学校栄養士 今井まき
◆牛乳がなくても
カルシウムが取れる献立・料理
家栄研編集委員会
◆子どもの健康を守るため
給食の牛乳の一律提供を見直して!
家栄研編集委員会
特別企画
東日本大震災 いのちと食の危機第13報
◇広がる低線量の内部被曝
子どもを守る対策を早急に
岐阜 松井英介
◇福島の食と暮らしは今④
飲食店・流通業者の困惑
CRMS市民放射能測定所
◇Interview 現代食卓考
原発労働者を38年間撮影
フォトジャーナリスト 樋口健二
被曝労働者の実態が教える原発の恐怖
◇ひびき
問われる食の安全性
開発優先の陰にある
「リスクゼロあきらめ論」をはね返そう
家庭栄養研究会 蓮尾隆子
◇7月の旬「オクラ」
生活評論家 境野米子
〔連載〕
◇免疫力アップでいきいき!第23回
免疫力を上げる食材②トマト
麻布クリニック院長 高橋 弘
特別報告
危険な携帯電話基地局② 
増え続ける電磁波発生源 
環境ジャーナリスト 加藤やすこ
◇食のかけ橋30
固定種の野菜を自家採種で栽培
味のよさから自然食品店で人気
埼玉県・関野幸生さん
●◇チャレンジ!手づくり!
重宝する魚の常備食
イワシと小アジを使った3品
東京・伝統食を考える会 栗原澄子
●◇子どもの食事 おかわりちょうだい!
だしご飯・生春巻きほか
麦っ子畑保育園 大島貴美子
●◇韓国通信⑨
0~2歳児の保育料完全無料化
財政難で中断の危機
境野 彩

読者の宿・店 石挽き・手打ちそば
情報トピックス
読者プレゼント・くらしのMEMO
0
0
8
0
2
3
家庭栄養研究会に入会しませんか?
家庭栄養研究会は食の情報にアンテナを張り、安全・安心な食の伝承やプロジェクト活動、学習会の開催、他団体との連携、政府への要請などを行い『食べもの通信』の編集に生かしています。会員になると、年会費は4000円(入会費無料)で、年間6回の会報をお届けします。『食べもの通信』の年間購読料が1割引きになります。お気軽にご連絡ください。
2017年9月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
土日祝日はお休みです。電話受付時間は10:00~17:00です。
  • 営業日