食べもの通信2012年11月号 No501
  • 2012年11月号
    2012年11月号
    • 2012年11月号

食べもの通信2012年11月号

食べもの通信2012年11月号 No501

販売価格※僅少 545円(税込)
 
                       目次
特集
緊急報告 魚の放射能汚染
安心して食べ続ける8つの調理のポイント
◆原発事故による放射能汚染
海流で太平洋沖と海底に拡散
東北大学名誉教授 川崎健氏に聞く
◆底魚に放射性物質が蓄積
東日本の太平洋側で顕著
元中央水産研究所・理学博士 松川康夫
◆公的機関の放射能検査体制
消費者の監視の目と判断力が必要
家庭栄養研究会顧問 蓮尾隆子
◆安全な食生活を築くため
市民団体の放射能検査の活用を
家栄研編集委員会
◆安心できる魚の選び方
家栄研編集委員会
◆[ルポ]北茨城・大津漁港
「全量検査」システム開発中
ルポライター 矢吹紀人
◆内部被曝を避けて
魚を安心して食べる8つの調理法
管理栄養士・家庭栄養研究会顧問 野口節子
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
特別企画
◆東日本大震災 いのちと食の危機第16報
放射能を低減させる有機農法
NPOあしたを拓く有機農業塾代表理事 涌井義郎
◆安心・安全!ベクレルフリーのレストラン
飲食ネットワークを設立
ライター 石川マキ
福島の食と暮らし⑦
流通食品の測定依頼が増加
CRMS市民放射能測定所
・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇Interview 現代食卓考
植物生態学者 宮脇昭さんに聞く
大津波に耐えた木が教えること
◇くらしの風
消費者庁・食品表示の一元化に着手へ
遺伝子組み換え表示は先送り
食品問題研究家 小倉正行
◇11月の旬「サニーレタス」
生活評論家 境野米子
〔連載〕
◇シリーズ食の安全性を考える
身近で広がるナノテクノロジー商品
家庭栄養研究会顧問 蓮尾隆子
◇免疫力アップでいきいき!第27回
元気な子どもに育てる①
人間総合科学大学教授 藤田紘一郎
◇食のかけ橋33
〝自然農法〟を広めたい!
大勢の研修生を受け入れて20年
千葉県・くりもと地球村 佐藤文彦さん
◇チャレンジ!手作り!
ヒエとカボチャの炊き合わせと応用レシピ 
東京・ゆみこ
◇子どもの食事 おかわりちょうだい!
天丼、大根ステーキほか1品
麦っ子畑保育園 大島貴美子
◇韓国通信⑫
韓国の伝統みそ「テンジャン」
境野 彩
◇私と『食べもの通信』②500号に寄せて
◇情報トピックス/くらしのMEMO
0
0
9
8
6
8
家庭栄養研究会に入会しませんか?
家庭栄養研究会は食の情報にアンテナを張り、安全・安心な食の伝承やプロジェクト活動、学習会の開催、他団体との連携、政府への要請などを行い『食べもの通信』の編集に生かしています。会員になると、年会費は4000円(入会費無料)で、年間6回の会報をお届けします。『食べもの通信』の年間購読料が1割引きになります。お気軽にご連絡ください。
2017年11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
土日祝日はお休みです。電話受付時間は10:00~17:00です。
  • 営業日