食べもの通信2013年3月号 No505
  • 2013年3月号
    2013年3月号
    • 2013年3月号

食べもの通信2013年3月号

食べもの通信2013年3月号 No505

販売価格545円(税込)
 
                       目次
特集 命と食の危機 第4弾
福島原発事故から2年
急がれる 子どもの放射能対策
原発震災
◆新たな「安心神話」のなかで苦悩する被災地
フォトジャーナリスト 豊田直巳
◆子どもの甲状腺異常43% 
安全な食品・避難基準に
北海道がんセンター院長 西尾正道
◆「子ども被災者支援法」を
子どもたちの願いが反映するものに!
『ママレポ』編集長 和田秀子
◆医師は自ら判断する勇気を!
仙台赤十字病院第二呼吸器内科部長・東北大学臨床教授 岡山博
◆まだ正しく評価されていない内部被曝
市民と科学者の内部被曝問題研究会 会員 田中一郎
「ふくしま集団疎開裁判」
◆子どもたちを避難させることは急務 
福島集団疎開裁判弁護団弁護士 柳原敏夫
◆福島県の学校給食
基準値は1ベクレル未満に
家栄研編集委員会
福島現地ルポ
◆安全な農産物を作る生産者たち
ルポライター 矢吹紀人
◆市民測定所の活動で分かってきた
農産物汚染の傾向と注意点
ライター 石川マキ
◆各地の学校・保育園給食の放射能検査の状況
家栄研編集委員会
◆命を守る社会に舵を切り替えましょう
家栄研編集委員会
・    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Interview 現代食卓考 
沖縄やんばるで子育て
歌手 UAさん
大きなひとつの命のつながり
◇3月の旬「キャベツ」
生活評論家 境野米子
◇くらしの風
長いスパンで先を見据えることの大切さ 
ノンフィクション作家 島村菜津
特別企画
◇東日本大震災 いのちと食の危機第20報
人権なき地に暮らす①
子どもの将来に不安をもつ残留者
貯蓄を切り崩す自主避難者
福島大学行政政策学類准教授 荒木田岳
◇福島の食と暮らしは今⑪
1月から学校給食の米が福島市産に
CRMS市民放射能測定所
〔連載〕
◇シリーズ 食の安全性
プラスチックスープの海②
高田秀重
◇免疫力アップでいきいき!第31回
元気な子どもに育てる⑤
食事は楽しく 腹8分目
人間総合科学大学教授 藤田紘一郎
◇食のかけ橋36
サトウキビ栽培を守り続けたい!
沖縄県・玉城さとうきび生産組合 玉城健さん
◇チャレンジ!手づくり!
博多の郷土料理 
福岡県古川クッキングスクール校長 古川年巳
◇子どもの食事 おかわりちょうだい!
回転寿司・菜の花ギョウザなど
麦っ子畑保育園 大島貴美子
◇先どり食情報
中国・ケンタッキー 抗生物質の過剰投与事件
家庭栄養研究会顧問 蓮尾隆子
◇NY通信④
コーヒーとアメリカ人
ディロルフ幸子
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◇ 私もひとこと・読者会案内
◇ 情報トピックス
◇ 読者プレゼント・くらしのMEMO ほか
0
1
7
2
9
7
『食べもの通信』は家庭栄養研究会が会の指針「心と体と社会の健康を高める食生活」に則り、編集しています。当会は来年50周年を迎えます。
『食べもの通信』のさらなる充実をめざし、家庭栄養研究会をより大きく発展させたいと願っております。一人でも多くの読者の皆さまのご入会を、心よりお待ちしております。会員には会報『家栄養通信』(隔月)をお送りいたします。年会費4000円、『食べもの通信』の年間購読料は会員割引で7200円になります。
 
 
2018年6月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
土日祝日はお休みです。電話受付時間は10:00~17:00です。
  • 営業日
  • 12/29~1/4までは年末年始休業