食べもの通信 2014年9月号 No523
  • 2014年9月号
    2014年9月号
    • 2014年9月号

食べもの通信 2014年9月号

食べもの通信 2014年9月号 No523

販売価格545円(税込)
 
                       目次
特集
迫る巨大地震
備えは大丈夫?
体と心を支える災害食
大規模被害で避難者に
温かい食事が届かない現実
食生活ジャーナリスト 平川あずさ
「災害食」は長期保存性より
被災者の健康を守る視点で
日本災害食学会副会長・新潟大学客員教授 別府 茂
社会的配慮が必要な食物アレルギー
患者会が災害時カード作成
アレルギーサポートネット あっぷるんるんくらぶ代表 三田久美
自校方式の学校給食施設を地域の救援センターに!
宮城県教職員組合・栄養士 菅野ふみ子
避難者や帰宅困難者に食事提供
公務員だからできた対応
元東京都小学校栄養士 星名久美子
食べ慣れたもので家庭内備蓄
「自助」と「共助」を基本に
甲南女子大学名誉教授 奥田和子
「非常食」を備えるより
普段からきちんとした食生活を
食育・料理研究家 坂本廣子
避難所の備蓄食料は自治体が責任をもって
家栄研編集委員会
健康を最優先し食事は炊き出し主体に
家栄研編集委員会
……………………………………………………………………
Interview 現代食卓考 
本物の食と平和の大切さを発信
詩人・随筆家
アーサー・ビナードさん
日本語を守るためにたたかう
……………………………………………………………………
特別企画 放射能から命を守る
「福島の子ども保養プロジェクト」④
さらなる発展のために
ジャーナリスト・生協研究家 西村一郎
特別企画 放射能から命を守る
「甲状腺被ばくの影響」①
福島県の子どもの甲状腺検査 結果をどう見るか
北海道がんセンター名誉院長 西尾正道
●9月の旬
「エダマメ」
管理栄養士・医学博士 松本仲子
連載⑭9月の岩手・釜津田 山里だより
実りの秋のあっちこち
三上亜希子
●すてきな日本の味⑧ 
上等な素材と手間をかけた
京都・飯尾醸造の酢
ノンフィクション作家 島村菜津
●今月のお役立ちファイル⑮
夏の疲れに、ネバネバ食材
家栄研編集委員会
●チャレンジ!手作り! 
精進料理 初秋の一汁二菜
鎌倉不識庵 藤井まり
●子どもの食事 おかわりちょうだい! 
アレルギーの子も食べられるおやつ
新金岡センター保育園
●食の安全性を考える 
遺伝子組み換え食品②
子どものお菓子にもたくさん使用
市民バイオテクノロジー情報室代表 天笠啓祐
●暮らしのなかの危ない電磁波⑦
店舗・図書館の盗難防止ゲートの電磁波 失神例も
科学ジャーナリスト 植田武智
●食のかけ橋 53 
太陽光発電をしながら野菜作り
千葉県・ソーラーシェアリング農業
●最近の話題から
「ナノ粒子」、PM2.5は
あらゆる臓器や胎児に浸入
家栄研顧問 蓮尾隆子
●スウェーデン通信⑨ 
今年は比例代表制統一選挙の年
日本福祉大学福祉経営学部教授(スウェーデン在住) 訓覇法子
連載 ●シネマサロン⑮
『トラブゾン狂騒曲~小さな村の大きなゴミ騒動~』
日本映画復興会議幹事 平沢清一
連載 ●子どもの体と心を元気に育てる  
「つむぎ体操」⑮
NPO法人ムーミンの会 相馬範子
私もひとこと・読者会案内/情報トピックス/くらしのMEMOほか
0
0
8
0
2
2
家庭栄養研究会に入会しませんか?
家庭栄養研究会は食の情報にアンテナを張り、安全・安心な食の伝承やプロジェクト活動、学習会の開催、他団体との連携、政府への要請などを行い『食べもの通信』の編集に生かしています。会員になると、年会費は4000円(入会費無料)で、年間6回の会報をお届けします。『食べもの通信』の年間購読料が1割引きになります。お気軽にご連絡ください。
2017年9月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
土日祝日はお休みです。電話受付時間は10:00~17:00です。
  • 営業日