農業体験40

2018-03-06
青い空と白い雲を背にし、梅のピンクが映えます
桜もちらほら。農家のS藤さんの見立てでは、ことしの開花は早いそう
ネギのかき揚げ。いま時期、「ヌル」がたっぷりで甘くておいしいです
S藤さんが落としていったネギです
2018
てんとう虫も気持ちよさそうです
ひさびさ、元気に産卵する鶏たち
 春の気配がそこかしこに見られます。自転車に乗って畑に向かう道中、紅白梅や早咲きの桜のやわらかな色彩が、快晴の空に映えています。風がほほをなで、爽快です。
 畑のブロッコリーは、雪や霜でやられてしまった葉や花蕾の間から新しい子が顔を出し、鮮やかなグリーンが誇らしげです。菜の花はひょろひょろと新しい花蕾を伸ばしていますが、こちらははかなげ。生命の健気さを感じます。
 S藤さんは収穫したネギと大根をバイクの後ろに乗せて先にハウスに戻り、私はのんびりとそのあとを追います。んっ? ネギが落ちてる??? あら、あっちにも…S藤さんってば………雑っΣ(゚Д゚;)!
 ネギいっぱいのつみれ汁とおじやの昼食をいただいていると、T橋さんが仕事を抜けて休憩しに来ました。「このおじや、おいしい。売れるよ」(T橋さん)「F戸さんにも言われたんだよ、おいしいおいしいって」(すぐ自画自賛するS藤さん)「S藤さんの商売っ気のなさをT橋さんとF戸さんに補ってもらえばいいんだ」(私)「ことしはシイタケがいっぱいとれるぞ。焼いても干してから煮てもおいしいから、売ろう」(ニヤニヤするS藤さん)
 こんど、Tさんがかかわる共同作業所の野菜販売会に、S藤さんらも参加するそうです。そうそう、食べものを中心に据えたコミュニティーはこれからの時代のキーワードになるはずです。
 夕方、T沢先生としんちゃんがやってきました。ネギのかき揚げとロマネスコ、プチベールの天ぷらをおつまみに、仕事終わりの一杯です。今年初天ぷら! おいしー♡(えつ)

農業体験39

2018-02-20
三浦大根10本分です
シイタケの菌床。上面に小さいシイタケができてます。
強風でしたが、PーKANです
雪でやられてしまった葉の間から新しい芽が育っていました
2018
表面を真っ黒に焼き、中まで火が通ったら食べごろです
 快晴強風で、ハウスの屋根がバラバラと大きな音を立てています。S藤さんのお姉さんに「(道中)よく飛ばされなかったわね」と褒められました。
 切り干し大根作りをしました。S藤さんの切り干し大根は細長くはせず、1センチ厚くらいの銀杏切りにします。まん丸太っちょに育った大根に包丁を入れると水分が吹き出してきて、そのみずみずしさに、大根をつかんだ手が勝手に口に向かってしまいます。つまみ食い。甘ーい! 辛味はほぼありません。これを天日干しにして6、7日ほど放置するとできあがり。半ナマ状態で食べると、やさしい甘さが味蕾を刺激します。S藤さんの切り干し大根は、味の良さに加えて食べ応えがあり、ファンが多いのです。
 昼食のあとはしいたけの菌床をもらいに、F戸さんとドライブ。F戸さんの家の辺りを通り過ぎて10分ほど車を走らせると、しいたけ栽培をする施設に到着です。施設内は暗く、霧状の水が宙を舞っていました。湿度が一定に保たれています。収穫を終えた菌床をいただいて、荷台に積み込みました。1ケースに12個、ずっしりと重たい。F戸さんの大奮闘で4段に積み上げ、紐で固定して畑に戻ります。鶏の餌以外にも畑の有機肥料になるため、いま時期休ませているS藤さんの畑の一部には、菌床がずらっと並べられています。寒さが緩んできたら、耕運機で混ぜ返して土を作るのです。
 稼働中の畑では、雪でやられてしまったしなしなの葉の間で、新しい葉や芽が育っていました。たくましいなぁ。がんばれ~と声をかけつつ、ブロッコリーや菜の花、プチベール、ホウレンソウを収穫しました。
 夕方、しんちゃんと電気の配線を直してくれるS田さんが来て、みんなで一杯。つまみは菌床からとったばかりの焼きシイタケと、泥つきネギを燃え盛る薪のなかに突っ込み、焦げたところをちゃちゃっとむいて、しょうゆをちょろっとたらして熱々を食べるSさん特製の焼きネギ。とぅるんとぅるんになった食感とうま味が、脳天にがつーんと伝わるおいしさです。ガスの火ではできません。口に入れるたびに、小躍りして顔をとろけさせるしんちゃん。年上ながら、かわいい。おいしい食事って、ほんとうに人を幸せにしますね。
 帰り道、F戸さんの車中でSさんの畑の5年、10年後の展望をプレゼンされました。「この歳になって、社会に役立つ生き方への渇望が大きい」とF戸さん。その計画は、私の夢の一つにちょっと近いかも。展望する共生社会の実現に、結実したらいいなぁと思います。(えつ)

農業体験38

2018-02-14
絶品スパイシーカレーです
雪をかぶったホウレンソウ。甘味が増しています
菜の花は雪と寒さでこんなふうになってしまいました
フキノトウと昨日生まれたばかりの卵
2018
Sさん自慢のマグロの漬け
 雪が解け切らない2月3日、Sさんのお姉さんといっしょに畑に行くと、ブロッコリーはつぼみの部分がふかふかになっていました。菜の花とコマツナは葉が黄色くしなしなに。せっかく育ててきたのに、悲しい。もっと広大な土地で作物を育てる農家さんだったら…想像すると、ご苦労に頭が下がります。
 雪がかぶさったホウレンソウは寒さに強いようで、深い緑色の葉がおいしそうです。プチベールも健在で順調に成長しています。ネギはますます甘味が増しておいしーっ! のですが、土が固まって収穫はたいへんだそうです。野菜一つひとつがありがたく感じられます。
 鶏小屋の前にある小さな小さな丘に、フキノトウが芽を出していました。おおおー、春発見! いくつか収穫して、フキみそ作ろっ♪
 きょうのランチはSさん特性のスパイシーなカレー。男性陣に大人気です。「カレーはこのくらい辛くないと」とみんな、したり顔。
 ハウスは屋根の修繕がだいぶすすんだので、午後からちょっと燃えて溶けた冷蔵庫やキッチン回りの掃除をしました。
 夕方、元騎手で現在馬の調教師をするSちゃんがやってきて、3人でストーブを囲んで一杯。Sさんが仕込んでくれていたマグロのづけを薪の火で焼き、つまみに。とりとめないおしゃべりをする間、ゆったりと時間が流れていきました。(えつ)

農業体験37

2018-02-14
2018
用水路脇の歩道が舗装されていました
具だくさんの絶品お雑煮に、温まります。
太くて甘いネギ
プチベール。さっとゆでて食べると、甘味が感じられます。
三日月がきれいに見えました
 1月のある日です。畑に向かう用水路脇の歩道がコンクリートになっていました。そして、車の通りが増えました。土の上を歩くのが楽しみの一つだったのになぁ…。
 畑はブロッコリーやプチベール、菜の花、ネギ、コマツナ、ホウレンソウなどが食べごろに。収穫作業を始めると、すぐに体がポカポカしてきます。
 お昼になり、ハウスに戻ると、修繕工事真っただ中のハウスの隅っこに、とりあえず設置された小さな薪ストーブ。その上で、具だくさんのスープが煮えています。お餅を焼いて、雑煮にしていただきました。
 本来のさいたま市あたりの雑煮は、コンブとかつおのお出しで、鶏肉、大根、ニンジン、ホウレンソウ、なると、ミツバを入れるそうで、うちと同じです。(えつ)
 

農業体験36

2018-01-11
2018
ハウスの屋根にブルーシートを張るTさん
贈答用の大きなヤツガシラ
菜の花です。収穫のさい、茎を長めに切って「違う」と言われました。トホ
ことし、三浦大根はスーパーなどでは1本800円以上するらしい!?
火事で大きな薪ストーブが使えず、簡易の薪ストーブです
 「Sさんのハウスが火事に」 
 畑に行けなかった先々週、Hさんから電話がありました。屋根が焼け落ち、冷蔵庫3台、バイクやステレオなどが燃えてしまったそうです。
 夕方になるのを待って連絡すると、「来週は来れるのか? 野菜をたくさん持っていかないと正月食べるものがなくなるぞ」とSさん。んもー、この期に及んで他人の正月を心配するなんて。
 翌週、ハウスの屋根にTさんの姿がありました。Yさん、Hさんらもいっしょにブルーシートを張っています。Sさんの姉妹も3人そろって、贈答用にヤツガシラの準備を手伝っていました。Sさんの野菜を詰め合わせでお歳暮に送りたいという人が、けっこういるのです。私もブロッコリーやカブ、菜の花を収穫し、泥を洗い落とすなどして手伝いました。
 「寒くならないうちに畑に行って、野菜とってきな」と、Sさんは相変わらず人の心配ばかり。こんなときは頼ってよ。
 「ベニア板を張ってくれる職人さんも、金はいらないって言ってくれて。手を貸してくれる人がたくさんいるから、落ち込んでいられないよ」と笑います。つねに人を大事にするSさんの人徳です。一年間通ってたくさんの経験をさせてもらい、楽しい時間を過ごしました。ことしはも少し役に立てるように、がんばりますよー。(えつ)
0
1
7
2
9
6
『食べもの通信』は家庭栄養研究会が会の指針「心と体と社会の健康を高める食生活」に則り、編集しています。当会は来年50周年を迎えます。
『食べもの通信』のさらなる充実をめざし、家庭栄養研究会をより大きく発展させたいと願っております。一人でも多くの読者の皆さまのご入会を、心よりお待ちしております。会員には会報『家栄養通信』(隔月)をお送りいたします。年会費4000円、『食べもの通信』の年間購読料は会員割引で7200円になります。
 
 
2018年6月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
土日祝日はお休みです。電話受付時間は10:00~17:00です。
  • 営業日
  • 12/29~1/4までは年末年始休業