食べもの通信社 食べもの通信 家庭栄養研究会食べもの通信社 食べもの通信 家庭栄養研究会
本文へ移動
RSS(別ウィンドウで開きます) 

取材先と読者を結ぶ幸せ

2017-01-18
 1月号の「伝統の技キラリ!和食器具」で紹介した、麻彦商店の「和せいろ」職人・矢島清さんから、「せいろのこと、よくまとめてくださり、本当にありがとうございます。また、川越にお越しください」と、うれしいメールをいただきました。
 そしてきょう、40代の読者から「わが家には蒸し器がないので、なべ底に網を置いたり湯銭のようにしています。1月号の和せいろの記事で、職人さんこだわりの本物の道具を使ってみたいと思いました」と、これまたうれしい感想が寄せられ、さっそく矢島さんに送りました。
 じつは取材のさいに、小さなサイズの和せいろを購入。以来、おこわや野菜、魚や肉も和せいろで調理し、すっかりハマっています。(えつ)

ハートブレイク

2017-01-16
せっかく頂いたハート型の流山せんべい。おやつの時間に食べちゃいました。本日の気分は半分に割れたハートです。ぶひゅっ(ゆ)

念願の農業体験、スタート

2017-01-16
畑一面に米ぬかをまきました
畑一面に米ぬかをまきました
小松菜の若葉。生命力が満ちています
薪ストーブの前で食べたあつあつの大根のおいしいこと!
三浦大根は正月からハマっているなますにします。菜の花ではなにを作ろうかな。
霜柱がいっぱい。日の光を受けてキラキラと輝いていました
 農業をしてみたい。心の奥で少しずつふくらんできたこの思いを実現するのが、今年の目標です。(えつ)
 
 1月14日土曜日、辺りが暗闇と静寂に包まれた夜明け前に起きだして、長靴とエプロンを持ち、電車に揺られること1時間強。下車して30分ほど歩くと、めざす農家があります。
 用水路脇の水溜まりには氷が張り、霜柱がフンフンッと土を持ち上げています。いちいち立ち止まっては氷を割ったり、霜柱を手に取ったり。冬だけの楽しみに興じてしまうのは、これらの現象がいまや都会ではなかなか目にできないから。子どものころに戻ったようで一時、寒さを忘れました。
 到着すると、畑ではすでに作業が始まっていました。きょうは枯れ葉をかぶせた土に、米ぬか300㎏をまきます。畑に足を踏み入れると、ズボズボッとひざ下くらいまで埋もれてびっくり。土がふかふかで、まるで新雪みたいです。
 コメ袋に入ったぬかをバケツに移して、手でまきます。ぬかのふわふわした質感が気持ちがいい。快晴の空の下、土をぬかの淡いきはだ色に、どんどん染めていきます。ほんの数分で体がポカポカしてきました。
 そのご、耕運機で土を混ぜ返すと、中の虫や虫の卵が地表に出てきて、鳥たちがついばみます。そして、空気が入った土中では微生物が育ち、栄養豊かな土になるのです。ここには3月中旬にアスパラを植える予定です。
 隣の畑では、小松菜とさやえんどうが育ち始めていました。ああ、若葉がすでにおいしそう。
 昼休憩にハウスに戻るとみるみるうちに雪雲が広がり、あられが降ってきました。慌てて外に干していた大根をハウスに入れます。大根は水分量が多く、甘味のあるブランド野菜「三浦大根」。切り干しになる前の半生の状態がおいしい! 
 午後は、薪ストーブの前で大根の皮むきです。10本ほどむくと、大根の冷たさで手が冷えっ冷えに。畑の持ち主Sさんが、コトコトと時間をかけて煮た大根を、ハフハフッしながらいただきました。
 

ぬか漬けとなます

2017-01-13
ぬかづけとなます
まーちゃんちのぬかづけとなます。今度まーちゃんちでぬかづけ講習会があります♪
まーちゃんんちのぬか漬けとなますを頂きました。おひるごはん、幸せで~す(ゆ)
 
お皿の向きが反対らしいので頭をさかさまにしてみてくださいな。

切磋琢磨

2017-01-12
月刊誌『からだにいいこと』。写真やイラストを駆使した構成が目を引きます
 昨年11月にわが社の上階に、月刊誌『からだにいいこと』(2004年創刊)を発行する出版社さんが引っ越してこられました。
 代表取締役会長のSさんをわが社にご案内しました。Sさんは消費者の健康な毎日をサポートし、消費者と生産者を結ぶ雑誌作りに情熱を燃やしていました。
 読みやすい誌面づくりに、学ぶところ大です。志を同じくする仲間として、ときどき交流しつつ、切磋琢磨していけたらうれしいです。(えつ)
0
2
6
9
5
1
2019年2月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
土日祝日はお休みです。電話受付時間は10:00~17:00です。
  • 営業日
  • 12/29~1/4までは年末年始休業
TOPへ戻る