Dr.古藤のわくわく家庭菜園術をやってみた トーシローのプランター栽培記⑥

2018-06-01
うしろの第2子が元気よく伸びている
枝豆の種を6つまき、納豆パック経由で水をたっぷり
6月1日(27日目) きょうはこんな感じ。第2子に勢いがあり、第1子の背丈に追いつきそう。ほかのポリポットが静寂を守り続けているので、木枠のプランターに枝豆の種を6つ、空いているポリポットにシソの種をパラパラとまく。うまく育ちますよーに。
 
 

2018年6月号の読者プレゼント

2018-05-31
2018年6月号読者プレゼント
2018年6月号読者プレゼント
朝日新聞の広告にでています。たちまち7万部、『食べもの通信』なーーんてのがでていたらよいのですが。
2018年6月号の読者プレゼント、藤田紘一郎先生著『図解体がよみがえる 「長寿食」』です。
『食べもの通信』2018年6月号を購入して、読者プレゼントに応募してくださいね。もしかしたら、当たるかもしれませんよ。
ご注文お待ちしております。(ゆ)
 
↓↓食べもの通信2018年6月号はここから購入できます↓↓
 
 
 
 

Dr.古藤のわくわく家庭菜園術をやってみた トーシローのプランター栽培記⑤

2018-05-30
本葉、出てきて1日だけど、ちょっぴり大きくなったのがわかる
枝豆? シソ? 雑草???
5月30日(25日目) 昨日よりちょっぴり大きくなった本葉。第2子のほうはまだ本葉は出ない。が、伸びが早い。中ポリポットに植えたオクラは動きなし。植えてから11日経つ枝豆、またはシソのポリポット内に小さな子葉を発見。いやー、雑草っぽいなぁ?
 
 

Dr.古藤のわくわく家庭菜園術をやってみた トーシローのプランター栽培記④

2018-05-29
生まれたての本葉
5月29日(24日目) 第1子の立派な子葉の間から、小さな本葉が出てきた。
 
 

農業体験45

2018-05-27
ドラえもんのどら焼き
快晴! 日焼けしました
土がからからなので、ペットボトルに水を入れて6往復、水をたっぷりまきました
ジャガイモの花
こちらもジャガイモ、色の違いは品種の違いです
自然卵ぴよぴよ会の鶏小屋です
生まれたての卵。黄味と白身がふっくらつやつや、濃厚です
 快晴です! きょうはオクラの種をまきました。60センチ間隔に3粒ずつまきます。「オクラなんて、あんたと姉しか食べないから1列でいいだろ」とS藤さん。種まきはあっという間に終わりました。ハウスに戻り、1リットルのペットボトルに井戸水をくみ6往復、水やりをしました。オクラ栽培は去年に続き2回目。ことしは古藤俊二さん執筆の「Dr.古藤のわくわく家庭菜園術」にも学びながら育てたいです。
 畑はいま、ジャガイモの花が満開です。
 午後はS藤さんが仲間たちと運営する「自然卵ピヨピヨ会」の鶏小屋に。3部屋に76羽の鶏が平飼いされています。おからなどを発酵させたエサを与えているので、糞のにおいはほとんどありません。この日の卵は34個。大きさも立派です。(えつ)
0
1
7
2
9
6
『食べもの通信』は家庭栄養研究会が会の指針「心と体と社会の健康を高める食生活」に則り、編集しています。当会は来年50周年を迎えます。
『食べもの通信』のさらなる充実をめざし、家庭栄養研究会をより大きく発展させたいと願っております。一人でも多くの読者の皆さまのご入会を、心よりお待ちしております。会員には会報『家栄養通信』(隔月)をお送りいたします。年会費4000円、『食べもの通信』の年間購読料は会員割引で7200円になります。
 
 
2018年6月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
土日祝日はお休みです。電話受付時間は10:00~17:00です。
  • 営業日
  • 12/29~1/4までは年末年始休業