農業体験24

2017-08-28
注目
 畑は赤とんぼや青トンボが、自転車で走るとぶつかりそうになるくらいたくさん飛んでいます。
 小屋を覗くと、鶏たちはここに来たころより一回り大きくなっています。逃げないどころか寄ってきて、物欲しげな顔。エサはたっぷり餌箱に入っているけど? 試しに足元に生えている草を網の間から入れてみると食らいついてきました。お腹減っているのかな? ジャンプして葉をついばむので、ワタシ、ときどきドキドキします。マンガ『動物のお医者さん』にこういう血気盛んな鶏が登場していたな。
 きょうは収穫が終わった畑の掃除、草むしりです。収穫時期を逃し、花まで咲いてしまったレタスも抜いて、並べて根を乾かします。夢中で草をむしっていると、「うおっ」とおののく瞬間が。幼虫です。春に見ていた幼虫よりデカいのが突如現れるのです。
 オレンジから黄色のグラデーションが付いたドッド柄で、頭部に突起があるこの子はセスジスズメ(蛾)の幼虫でしょうか。なかなかきれいです。
 一方、目玉のような絵柄のこの子は何の幼虫かな?  太くて大きいうえに触ると体をぐいーんと伸ばすので、怖い。
 シソの葉の上に見事に保護色をした子も発見。オオアオシャチホコ? ヤガ科の幼虫? もしかしたらチョウになるかもしれません。
 畑はにぎやかです。(えつ)
 
 
盛岡駅
Tさんがいま産卵部屋を作っています
気品を感じる模様です
実際は写真より太く大きく感じました
さわやかな肌色ですね
2種類のオクラ。味の違いは?

匠の作る包丁

2017-08-24
注目
盛岡駅
800度に熱せられた包丁
 『食べもの通信』に連載中の「伝統の技キラリ! 和食器具」で、日本刀の伝統的な巧技で包丁を作る匠を取材しました。
  錆びないステンレスと最高級の鋼(はがね)を融合させた革新的な包丁です。
 「食材に吸い込まれるような切れ味。タマネギを切っても涙が出ない」
 匠の言葉が心に残ります。
 
 詳しくは10月号でご紹介します。お楽しみに~。(えつ)

母親大会in盛岡

2017-08-24
注目
盛岡まで『食べもの通信』の行商の旅に出かけていきました。
初めて乗車するスーパーこまちにワクワクドキドキ☆彡
ちょっとしたハプニングもありましたが・・・。
なかなかの乗り心地で快適な旅でした。
盛岡駅では母親大会参加者御一行様の熱烈な歓迎。
テンションもUPです⤴⤴
盛岡名物、冷麺もいただきましたよ。
じゃじゃ麺は・・・・、残念ながら食べませんでした。
母親大会のほうは、若い方の参加が多かったような気がするのですが、
どうなのかな~?
来年は高知だそうです。また来年、高知でお会いしましょうね。(ゆ)
盛岡駅
盛岡駅
食べもの通信社の販売ブース
食べもの通信社の販売ブース

盛岡に行きます!!

2017-08-17
チェック
今日からできる 認知症予防の食事と生活
今日からできる 認知症予防の食事と生活
8月になってからギラギラ太陽が雲に隠れてしまっています。
涼しくて過ごしやすいのですが、やはり夏は暑くないと気分が盛り上がりませんね。
さて、今週末は盛岡まで『食べもの通信』を背負って販売に行きます。
日本母親大会にご参加のみなさま、ぜひ食べもの通信のブースにお越しくださいな。
合言葉は「スタッフのつぶ焼きみています!」です。
食べもの通信のロゴをつけたエプロンをしているのがスタッフですよ。
お気軽にお声かけくださいなぁ~。お待ちしております。
ではでは、一足先に準備のため、東京を旅立ちま~す。
おっと、『今日からできる 認知症予防の食事と生活』、できたてホヤホヤです。
いっぱい持っていきますからね。楽しみにしていてくださいね。(ゆ)
 

農業体験23

2017-08-11
スイカが食べごろです。とても甘い
大野木工の木のトレー
軟らかなシソがもさもさと育っています。収穫するといい香りです
収穫したばかりのナスやカボチャ、トウガラシ、オクラなどを天ぷらに
収穫したてのナスは皮が軟らかくて、中はふわふわです
畑ではもう栗が大きくなりはじめています
農業体験23
 今回の農業体験は、知人のOさんがいっしょです。Oさんは8年間も家庭菜園をしていたので、田畑を歩くと「これはショウガね」「ここにゴーヤがなってるわよ」「これはキュウリね」「もう赤とんぼが飛んでるわ、ほら」などと畑ガイドをしてくれます。他人の畑でも、土の中でなにが育っているかわかるとワクワクします。私もちょっと勉強しよう。
 見上げた空は曇っているのに気温は高く、汗が気持ちいいほど出まくっています。
 鶏小屋をのぞきに行くと、前回は大騒ぎで逃げ回っていた鶏たちがなんだか人間に慣れていて、ぜんぜん逃げません。もう2週間くらい経ったら、手乗り鶏になるほどなついたりして。
 卵を産むのはまだ2カ月ほど先だそう。そんな鶏に代わって、うずらの産卵がゼッコーチョーです。この日だけで30個ほど収穫できました。
 Sさんの畑は、スイカが収穫時期を迎えています。ことしは雨が少なかったため、サイズは小さめですがとても甘い♪ カラカラに乾いた喉を、たっぷりの果汁が潤してくれて、まるでジュースを飲んでいるみたい。
 夏野菜全盛期ですが、畑の端では栗の実が大きくなってきて、季節の移り変わりを教えてくれています。(えつ)
0
0
8
0
2
1
家庭栄養研究会に入会しませんか?
家庭栄養研究会は食の情報にアンテナを張り、安全・安心な食の伝承やプロジェクト活動、学習会の開催、他団体との連携、政府への要請などを行い『食べもの通信』の編集に生かしています。会員になると、年会費は4000円(入会費無料)で、年間6回の会報をお届けします。『食べもの通信』の年間購読料が1割引きになります。お気軽にご連絡ください。
2017年9月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
土日祝日はお休みです。電話受付時間は10:00~17:00です。
  • 営業日