今日のおいしいもの

2017-06-23
ひろこさんのカレーパンと枝豆
ひろこさんのカレーパンと枝豆
清見タンゴール
どっちを選ぶで紹介したストレートジュース
本日のおやつはおいしいものがいっぱい。
まず1つ目、まあちゃんが持ってきてくれた黒豆の枝豆。
枝豆の季節到来ですね。ぶくぶくした白い泡にゴールデンな飲み物を
欲してしまいます。ぷしゅーーーっ。
2つ目、ひろこさんちのカレーパン。
コロッケみたいに見えるかもしれませんが、手作りカレーパンですよ。手作り、て・づ・く・り!!うっほぉほぉ~。
サクサクカリッと揚がったパンとちょっとピリッとするカレーが絶妙。
おいびーーーーーぃ。
そして、ラスト3つ目は7月号の31ページ「どっちを選ぶ?」で紹介した無添加果実のストレートジュース。「ザ・完熟 清見タンゴール」です。
7月号が無事に発売されたため、撮影用に取り寄せたオレンジジュースも遂に解禁。
みんなでジュースを試飲しましたよ。
さっぱりとした甘さと酸味があと味すっきり。ぜひぜひご賞味あれ~~~。
炭酸で割って自家製オレンジスカッシュな~んていうのもよいかもね。
お試しくださいな。またご感想もお待ちしておりますよ。(ゆ)
 

農業体験19

2017-06-22
レタスを引っこ抜こうとしています
見て~、ジャガイモとったよ~
枝豆ができてきました
オクラも実をつけ始めました
ブドウが大きく育っています
 妹夫婦と姪っ子2人が畑に遊びにきました。
 上の3歳児は、久しぶりに会っても覚えてくれているようになり、私の頭に自分の頭をごっちんとぶつけて「いててて」と笑ったり、道に迷って泣き顔をすると「泣かないで~」と励ましてくれます。
 下の1歳児は人見知り絶コーチョーですが、しばらくすると私の指を握って自分の足にくっつけて「くしゅったーい」と、これまたこちらをとろけさせる笑顔でケタケタと笑い、覚えたての「きらきら星」をエンドレスで歌ってくれます。
 上の子は素手で、畑の何も埋まってないところの土を、ガシガシと掘り返します。ジャガイモ掘りに、レタスとトマトの収穫、おまけにおどけて尻もち。腕をうーんと伸ばしてブドウにもタッチし、大きなアジサイをもらいました。
 シャーッと水を出してクルクルッと回る不思議なスプリンクラーに近寄ってみたくて、泥の中にズボッとはまり、姪っ子たちの母親=私の妹の悲鳴に埴輪顔になった姪っ子。「だいじょぶ、かーたんはくっく洗うの得意だからねぇ」なんて私の無責任発言に、またまた妹の悲鳴です。
 大きなジャガイモや真っ赤なトマトを手に、「えっちゃん、見て~」とはしゃぐ姪っ子たちを眺める至福の、姪っ子たちの初農業体験でした。(えつ)
 

食べもの通信フェア・続報

2017-06-21
MARUZEN&ジュンク堂書店 札幌店
MARUZEN&ジュンク堂書店 札幌店
さてさて今日は、MARUZEN&ジュンク堂書店 札幌店さんにさっそく足を運んでいただいた方からのうれしいお手紙が舞いこんできましたよ。しかも写真まで添えて。ありがたいことです。そして、MARUZEN&ジュンク堂書店 札幌店さんにも感謝です。こんなにいっぱい食べもの通信を並べてくださり、もううほうほうほっほ~、うれしいでござりまするぅ~、ありがとうございます。(ゆ)
追伸
食べもの通信のツイッターもやっています。最新情報をツィートしてますよ。こちらもよろしくですぅ~。
#食べもの通信 #tabemonotuushin
 
 
 
 
 
 

農業体験18

2017-06-19
うずら、雄です
大きな丸太に乗って梅をとりました
こちらはプラムです
掘るとゴロゴロと出てきます
 楽しみにしていたジャガイモの収穫です。茎を引っ張ると…芋づる式といいますが、プチプチと根が切れて、抜けてしまいます。土中を探りながら収穫しました。こぶし大に育ったものもあれば、親指の先くらいの大きさしかないものも。そして、ヤトウ虫やらダンゴムシやらがポロポロ、モゾモゾ。虫に食べられること真っ最中のものも。虫店が開けるくらい大漁です。「どうじゃ、うまいか」と声をかけて、えいやっと投げます。ヤトウ虫は夢のお告げがあったので、ビニール袋に入れて捨てました。…。20匹くらいいたかな~。
 「鳴き声する?」「卵は秋になってからだな」。昼食時、なにやらみんなが不可解な会話をしています。なになになに? 「うずらがいるんだよ」。そういって、Yさんがハウスの裏に連れて行ってくれました。なんとなんと、かわいいうずらが6羽、小屋の中でにぎやかにおしゃべりをしています。ウギュウギュキュウキュウと、ちょっと電子音的な鳴き声です。
 「これはTさんがふ化させたうずらだよ。人懐っこいんだ」。羽が茶で頭が白と黒のツートーンになった賢そうな雄が近づいてきて、私の指を突き、体を寄せて触らせてくれます。
「卵用じゃなくて、食用だな」と胸を反り返らせるSさん。Hさんが小声で「うずらが来たとき、『これは食べられないな』って顔緩めてたくせに」と突っ込みます。Sさんは照れ屋で、ワイルドを装う生粋の農家人です。
 午後は、明日ビニールシートの屋根を取り付ける手はずの鶏小屋の、周りにびっしり生えた草をみんなで刈りしました。カマで、頑固な根っこをガツガツと切断します。春先、プチプチと楽しく引っこ抜いていた雑草ですが、いまや素手では到底太刀打ちできないほど太くて頑丈な雑木になっています。「放っておくと、太くなって抜けないのよ」と言っていたお姉さんの警告通り。でもね、そっちがその気なら、こっちにはおカマがあるのよ、フフンフンフンってな具合で、ガツガツガツ。
 小屋の隣には大きな梅の木があり、実をたくさんつけています。大木に乗って、かごいっぱいに収穫。ちょっぴりトムソーヤ気分で、ほんのり甘い、さわやかな香りを胸いっぱいに吸い込みました。(えつ)
 

コーヒーハイボール

2017-06-16
お店のお兄さんにそっくりなイラストのカップに
おとなりのお蕎麦屋さんのショップカード
神保町から九段下に向かう途中にあるコーヒー屋さん。
コーヒーの香りに誘われて、ふらっとお店にはいってみると、なぬぅ~~、コーヒーハイボールだぁ~?
コーヒーとハイボール。ありな~い!!う~ん狐につままれたようなメニューです。
で、お店のお兄さんに根掘り葉掘り聞いてみると、コーヒー豆をなんだかんだして抽出したリキュールを炭酸で割ったお酒ですとやさしく丁寧に説明してくれましたよ。そんな説明をすっかり忘れてしまった私ですが、お兄さんごめんなさい。そんなこんなでコーヒーハイボールを片手にほろ酔い気分で帰途につきましたよ。
ちょっとリフレッシュしたいときにおススメのお飲み物です。神保町からお帰りの際はぜひお寄りくださいな。
さてさて、肝心のお店の名前は~~~~、
なんだったっけ????
とりあえず、となりのお蕎麦屋さんのショップカードをアップしておきますね。(ゆ)
0
0
5
6
4
7
家庭栄養研究会に入会しませんか?
家庭栄養研究会は食の情報にアンテナを張り、安全・安心な食の伝承やプロジェクト活動、学習会の開催、他団体との連携、政府への要請などを行い『食べもの通信』の編集に生かしています。会員になると、年会費は4000円(入会費無料)で、年間6回の会報をお届けします。『食べもの通信』の年間購読料が1割引きになります。お気軽にご連絡ください。
2017年6月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
土日祝日はお休みです。電話受付時間は10:00~17:00です。
  • 営業日