活動紹介
 

家栄研ミニ学習会

2017-11-20
注目
テーマ:「ネオニコチノイド系農薬」
日 時:12月20日(水) 午後2時~
会 場: 男女共同参画センターMIW(ミュウ)
(東京・千代田区役所10階)

東京メトロ東西線・半蔵門線・都営新宿
線九段下駅6番出口から徒歩5分
参加費:200円(要 事前申し込み)
申し込み:家庭栄養研究会
家栄研ミニ学習会
ぜひご参加下さい
 
 

家栄研ミニ学習会

2017-10-20
注目
テーマ:「“ゆるやかな”糖質制限」
日 時:11月22日(水) 午後2時~
会 場: 男女共同参画センターMIW(ミュウ)
(東京・千代田区役所10階)

東京メトロ東西線・半蔵門線・都営新宿
線九段下駅6番出口から徒歩5分
参加費:200円(要 事前申し込み)
申し込み:家庭栄養研究会
家栄研ミニ学習会
ぜひご参加下さい
 
 

『今日からできる認知症予防の 食事と生活』の出版記念 

2017-10-20
9月16日おこなわれた学習会(家栄研と食べも
の通信社共催)の講師は、同書の執筆者でもある、
たかせクリニック院長の髙瀬義昌氏と管理栄養士
の野口節子氏の2人。髙瀬氏は日々在宅訪問診療
をおこなっており、認知症予防とケアに関するお
話、とくに、飲み薬の多剤投与の見直しによる改
善例の紹介には、目を見張るものがありました。
野口氏は認知症予防に「脳を活性化させる和食」
のすすめと、食事を作ることが「脳を鍛える最良
の知的活動」と話されました。本の内容を深める
ことができ、質疑応答では、多数の質問が寄せら
れ、盛会でした。

家栄研ミニ学習会 *今回より曜日が変更になります。

2017-09-16
テーマ:「ゆる糖質」
日 時:11月22日(水) 午後2時~
会 場: 男女共同参画センターMIW(ミュウ)
(東京・千代田区役所10階)
東京メトロ東西線・半蔵門線・都営新宿
線九段下駅6番出口から徒歩5分
参加費:200円(要 事前申し込み)
申し込み:家庭栄養研究会
 

日本母親大会後の読者交流会 ~盛会でした!~

2017-09-16
8月19・20日に開かれた、「第63回日本母親大会in盛岡」。
盛岡駅には大きな横断幕が張られ、町のあちこちの店にも「歓迎日本母親大会」の
ポスターが張られていて、市をあげての歓迎ムードに感激しました。
19日夜に開かれた読者交流会には、盛岡市内から6人、秋田から1人、
東京から役員3人が集いました。
「小児科医をしているが、日々の診療で、若い母親の生活感に驚いた」「子どもがぜん息で、小児科
医から『食べものが大事』と言われたことをきっかけに食事を切り換えると治癒した。今は「自然農
法」をおこなっている」など各々の経験を紹介しつつ、交流しました。
『食べもの通信』の輪が広がっていることに、確信をもちました。
最後には、盛岡読者会の実現に向けて連絡役が確認されました。
有意義な交流会となりました。
 

出版記念・家栄研学習会『今日からできる 認知症予防の食事と生活』

2017-08-24
注目
単行本『今日からできる認知症予防の食事と生活』
(家庭栄養研究会編集)の出版を記念して学習会を開
催します。
テーマ:「認知症予防の重要性と暮らし方」
65歳以上の高齢者の3.5人に1人は認知症および
軽度の認知障害です。認知症は早期発見、早期治療
が重要です。認知症ともの忘れの見分け方と、予防の
ポイントを学びます。
講 師: 髙瀨義昌・髙瀨クリニック理事長
(認知症専門医・本書の執筆者)

髙瀬氏は2004年、東京都大田区で在宅医療を中
心としたクリニックを開業。患者に寄り添った地域医
療を実践しています。
とくに、多種類の薬の投与で認知症状が進むことに
注目。認知症の治療のエキスパートです。ぜひ、お誘
い合わせのうえ、ご参加ください。
日 時:9月16日(土) 午後2~4時半
場 所: 中野産業振興センター セミナールーム2

(東京都中野区・JR中野駅南口徒歩5分)
資料代:1000円(要事前申し込み)
問い合わせ・申し込み:家庭栄養研究会
主 催:家庭栄養研究会・食べもの通信社

編集協力、運営協力委員募集 ご一緒に活動しませんか

2017-08-24
食や健康に興味がある方、ご一緒に学びながら、編集協力に参加しませんか。
また、学習会の計画や当会の運営協力者も募集しています。
ご協力いただける方はご連絡のうえ、神保町
の当事務所においでください。お待ちしております。

第63回日本母親大会 分科会後の『食べもの通信』読者交流会のお誘い

2017-07-24
家栄研の会長、顧問、編集委員長、事務局長も参加します。楽しく交流しましょう。
ぜひ、ご参加ください。
 
日 時:8月19日(土) 午後6~8時
会 場:北ホテル和食処 竈(かまど)
会 費:3000円程度
住 所:盛岡市内丸17-45 北ホテル2F
TEL :050-3464-4435
名 称:食べもの通信読者交流会
申し込み:事前に家栄研までご連絡ください。
★当日は、直接会場にお集まりください。

「共謀罪法」廃止を求める要請文を出しました

2017-06-16
↓↓家庭栄養研究会の要請文全文↓↓
 
内閣総理大臣 安倍 晋三殿
「共謀罪法」を強行採決したことに強く抗議し、廃止を求めます
私たち家庭栄養研究会はカネミ油症事件をきっかけに、安全な食べものと、日本の食文化に根ざした健全な食生活への願いから1969年に発足した会です。「心と体と社会の健康を高める食生活への提言」を指針に、生命を守る安全な食べ方を学び、考え、実践する会です。
2017年5月15日、参議院法務委員会での審議を一方的に打ち切り、「中間報告」という“禁じ手”を使っての異常な強行採決を行い、「共謀罪法案」を強行採決したことに強く抗議します。
共謀罪法は「何をしたら罪に問われるのか」「組織的犯罪集団とどう判断するのか」など、審議を重ねれば重ねるほど疑問が深まっています。そして、多くの国民の疑問に答えていません。
当会も、生命を守るための安全・安心な食生活を追求し、読者に発信していますが、その行為も「組織的犯罪集団」とされる可能性もあるのではと多くの読者も懸念してしまいます。正しい情報が伝わらず、安全で安定的な食料の確保ができなければ、私たちの生命も未来を担う子どもたちの生命も守れません。
多くの国民の疑問に答えることなく、あいまいなまま、数を力に法案をとおすという暴挙は、民主主義の根幹を無視することで到底許すことはできません。
共謀罪法の廃止を強く求めます。
2017年6月16日
千代田区神田神保町1-44
家庭栄養研究会運営委員会
 

「発芽玄米のここが知りたい!」家栄研学習会

2017-05-26
講演会の様子
講師の茅原紘氏
発芽玄米と白米を見比べる受講者
講演会の様子
4月16日、東京・杉並区内でおこなわれた学習会では、講師の茅原紘・信州大学名誉教授は発芽玄米の効能について、神田裕子・東京医療保健大学准教授は実証された効果について、それぞれ講演。神田氏は実際に学生が発芽玄米を毎日食べた結果、「便秘が減ったり、疲れにくくなった」などの効果があったと報告しました。
野口節子・家栄研会長が発芽玄米の炊き方を説明(本号34ページ参照)し、参加者は発芽玄米ご飯を試食。「充実した学習会だった」などの感想が寄せられました。
 
0
0
9
8
7
2
家庭栄養研究会に入会しませんか?
家庭栄養研究会は食の情報にアンテナを張り、安全・安心な食の伝承やプロジェクト活動、学習会の開催、他団体との連携、政府への要請などを行い『食べもの通信』の編集に生かしています。会員になると、年会費は4000円(入会費無料)で、年間6回の会報をお届けします。『食べもの通信』の年間購読料が1割引きになります。お気軽にご連絡ください。
2017年11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
土日祝日はお休みです。電話受付時間は10:00~17:00です。
  • 営業日